(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

マンマ・ミーア!アバが再び

Published on

1976年、 アバ は四方八方にその活動を広げていた。5月22日の全米シングル・チャートでは、彼らのアメリカ・マーケットにおける次のステップを垣間見ることができる。 その週は、ポール・マッカートニー&ウイングスが「Silly Love Songs(邦題:心のラヴ・ソング)」で1位を獲得、ヘンリー・グロスが歌う荘厳な「Shannon」やドロシー・ムーアの世界を変えた「Misty Blue」がTOP10チャート入りしており、そこにスウェーデンの4人組の「Mamma Mia」は83位で初登場を果たしたのだ。

他の多くの国と同様に、アバは1974年のユーロヴィジョン参加のスマッシュ・ヒット曲「Waterloo」でも全米チャートTOP10入りを果たしており、続く「Honey, Honey」はTOP30入りを果たした。翌年、彼らは「SOS」でTOP15入りを果たす(すべてのチャート・マニアがご存知の通り、この曲は曲名とアーティスト名の両方が回文となっている唯一の全米ヒット曲だ)。

ABBA album

全米15位は、「I Do, I Do, I Do, I Do, I Do」の最高位でもあり、同週は「Mamma Mia」のチャートイン15週目で、最終週でもあった、これは彼らのアルバム『ABBA』が初めてチャート・インしてから1年以上もたったころである。ベニー・アンダーソンとビヨルン・ウルヴァースとグループのマネージャー、スティグ・アンダーソンによるこの楽曲は、1975年9月にいくつかの地域でシングルとしてリリースされ、1976年初頭までには、クイーンの「Bohemian Rhapsody」に代わりUKチャートで1位となった。Abba-Mamma-Mia-1

全米での遅れたリリースで控えめなスタートをきった後、2週目20も順位を上げ、5週目にはTOP40入りし、アメリカの建国200年の週に32位を獲得、そして、その曲は彼らの素晴らしいカタログにインスパイアされたミュージカルや、その後制作された映画のタイトルとなり、アバで最も知られた楽曲となった。

Written by Paul Sexton



  • 「Mamma Mia」収録されたアルバム『ABBA』 ⇒ iTunes / Spotify


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ザ・ムーヴィー・サウンドトラック』


  

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss