(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

多種多様なジャンルによるアバのカヴァーを集めた51曲のプレイリスト

Published on

アバが残した楽曲やアルバムは長年にわたり、非常に幅広い解釈を得てきた。uDiscoverがこのスカンジナヴィアのスーパースターに注目してきた中で、今までとは趣きが少し違った、しかし厳選したプレイリストをあなたのために用意した。今回は、プログレッシヴ・ロック、オーケストラ、クラシカル、イージー・リスニング、合唱、モダン・ロック、ポップ、ハード・ロック、さらにはパンクまで考えられるありとあらゆるスタイルでアバをリメイクした50曲以上の曲を紹介しよう。

例えばマイク・オールドフィールドは1976年のアバ4枚目のアルバムからのタイトル・ソング「Arrival」をカヴァー。イギリスのバンド、ステップスによる「Dancing Queen」や、1992年のUKチャートで1位となったシンセサイザーのデュオ、イレイジャーのEP『Abba-Esque』に収録された「Take A Chance On Me」、アイルランドのグループ、ビー・ウィッチドによる「Does Your Mother Know」、ダンス・ポップ・シンガーのヘーゼル・ディーンによる「One Of Us」、そして1984年のチャートでUKトップ30位となった「The Day Before You Came」のイギリスのエレクトロ・ポップ・デュオ、ブラマンジェによるカヴァーなど正統派のポップ・カヴァー曲などがある。

モダン・ロックでは、シネイド・オコナーによる予想外のカヴァー「Chiquitita」、シネイド・オコナーと同郷のアイルランドのバンド、アッシュは「Does Your Mother Know」、1990年代のイギリスのバンド、ラッシュは「Hey Hey Helen」をカヴァー。そしてイギリスのメロディック・ロックバンド、エニー・トラブルが80年代の「The Name Of The Game」をライヴ・ヴァージョンへと展開させたお気に入りの一曲などを紹介する。スウェーデンのギターヒーロー、イングヴェイ・マルムスティーンは「Gimme. Gimme, Gimm」を手掛け、トニー・ジャクソンとポリー・ブラウンの2人は一流セッションでUKチャートの「Honey Honey’ by Sweet Dreams」をカヴァーした。

またたくさんのイージー・リスニングもプレイリストに入れている。映画『マンマ・ミーア!』からの選曲や多種多様な他の作品はもちろん、クリス・デ・バーやナナ・ムスクーリ、アンドレ・リュウ、その他大勢によるカヴァー曲。あなたのお気に入りを是非教えてください。そして私たちが含まなかった他のカヴァー曲も思い出したら教えてください。

Written by Paul Sexton



 

uDiscoverのアバ Best OfプレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

5 Comments

Don't Miss