ジャネット・ジャクソンとジャム&ルイスのケミストリー、『Control』から『janet.』

May 22, 2018


ジャネット・ジャクソンとジャム&ルイスのケミストリー、『Control』から『janet.』

1982年にA&Mレコードでソロのレコーディングを開始したとき、ジャネット・ジャクソンは16歳の純情な少女だった。全米トップ10でR&Bのヒット曲(1982年のダンスフロア・グルーヴ、「Young Love」や84年の「Fast Girls」など)をいくつか記録したものの、1982年に発売した大ヒットLP『Thriller』のリリース後に、爆発的な人気となった8歳年上の兄、マイケル・ジャクソンの驚異的な成功と彼女が張り合えるようには見えなかった。そのころには、1985年の『Control』、1987年の『Janet Jackson’s Rhythm Nation 1814』、1993年の『janet.』で、3作連続全米ナンバーワン・アルバムの幕開けを引き起こすことになるとは誰もが予想していなかった。そこには二人組のプロデューサーの影響があった。

ミネアポリス出身のファンク・グループ、ザ・タイムの元メンバーであり、SOSバンドの「Just Be Good To Me」や、 フォースMDsの「Tender Love」、シェレールの「I Didn’t Mean To Turn You On」、アレクサンダー・オニールの「Innocent」といったアメリカの大ヒットR&B曲を手掛けてきた作曲と制作担当のデュオ、ジミー・“ジャム”・ハリスとテリー・ルイスと組んでから、当時19歳だったジャネットの周辺は一変した。ジャム&ルイスがヒット曲を生み出す実績があったとはいえ、この音楽業界で保障されているものなど何もない。ましてや、それまでのアルバムに不満を抱いているジャネット・ジャクソンとなると、今回が最後のチャンスかのようにも思えた。ジャネットは2001年、著者にこう話した。「私のキャリアにおいて、岐路のような時期でした。もし良い結果につながらなかったら、ビジネスの法律でも学びに学校に戻るつもりでした。ですが、もう一度だけ音楽を試してみようと思ったのです」。

とはいえ、ジャネットは新鮮な新しいアプローチを望んていた。「過去にそうだったように、“ほら、歌いなさい” と出来上がった曲を手渡されるのではなく、違う形でやりたかったのです。私自身を表現したかった。ジミーとテリーはそれを認めてくれました。ジミーと一緒にミネアポリスの街をドライブしながら、私の人生やどういった体験をしてきたかを話したんです」。

これらの会話は、その状況にふさわしく『Control』と名付けられたアルバムで共作した曲のベースとなった。1986年1月にリリースされたアルバム『Control』は、全米アルバムチャートとR&Bアルバムの両チャートのトップとなり、「What Have You Done For Me Lately」を含む5曲が、アメリカのR&B部門のNo.1シングルとなった。その時点でジャネットは、まだ『Thriller』に続く作品をリリースしていない彼女の兄、マイケルよりも話題となった。

Janet Jackson - What Have You Done For Me Lately

Janet Jackson - What Have You Done For Me Lately

 

ジャム&ルイスはジャネット・ジャクソンの本当の姿を引き出し、彼女の潜在能力を発揮させる手助けをしたのだ。「彼らは私の心を開かせてくれて、私自身を表現させてくれたんです」と彼女は言った。『Janet Jackson’s Rhythm Nation 1814』から生まれた驚異的な7つのヒット・シングル曲を含む新しい音楽は、大手レーベルの入札合戦に火をつけ、うわさでは4,000万ドルでヴァージン・レコードが勝ち取ったと言われていた。

4年間の空白期間を経て、ジャネットは1993年5月18日に再度音楽シーンに現れた。彼女の過去アルバム2作と同様に、信頼できるジャム&ルイスがプロデュースを担当。ジャネットが彼らに仕事を依頼するのはシンプルな理由だった。「彼らは私を成長させてくれる。私を開花させてくれるんです」と彼女は言った。「それに彼らと一緒に働くのが大好きなのんです。私たちの関係は本当に素晴らしくて、友人のようであり、兄弟のようでもある。とても親しいし、一緒に何かをするのが大好きなんです。そこにはエゴも何もありません」。確かに、『janet.』に記されたすべてのクレジットは、制作も作詞作曲も、ジャネットと2人のプロデューサーと均等に分けられていた。

Janet Jackson - Whoops Now! (Official Music Video)

Janet Jackson - Whoops Now! (Official Music Video)

 

『janet.』のトラック・リストをざっと見たところ、通常のアルバムと比べて桁外れに多い28曲が収録されており、CDフォーマットの80分という収録時間を最大限活用した、壮大で豪華なショーを示しているかのようだ。しかし実際には、正式な曲は12曲しかなく、残りは短めの間奏曲が収録されている。『janet.』に収録された音楽は、オールド・スクールでシャッフル・ビートなポップ・ソウルの「Whoops Now」から非常に精巧なニュー・ジャック・スイングの「You Want This」まで、それまでの2枚のアルバムよりもはるかに様々な要素を含んでいた。ギター主導の「What’ll I Do」はロックからスタイルのヒントを得た曲であり(R&Bスタイルのホーンも特色だが)、一方で、猛烈なダンス・グルーヴの「Funky Big Band」には昔のジャズ・サンプルがちりばめられている。

過去を称賛した曲もある一方で、ジャネットはドナ・サマーの「Love To Love You, Baby」をまねたエロティックなうめき声を入れたエレクトロなトランス・ダンス曲「Throb」で、未来にも目を向けている。当時の音楽界で優勢だったヒップ・ホップを「New Agenda」で表現し、ラップ・グループ、パブリック・エネミーのMC、チャック・Dがゲスト参加している。

Photo: James White

アルバムの大部分はエネルギッシュなダンス・トラックが占めてはいるものの、ジャネットはちょっとした安らぎの瞬間も含めていた。特にアルバム終盤に収録した「Again」は、ジャネットがトゥパックと一緒に出演した映画『ポエティック・ジャスティス/愛するということ』に使われ、歌手ジャネットのより繊細な側面を見せるR&Bバラード曲である。その一方で、「The Body That Loves You」はよりジャズ色の強い、より官能的な曲であり、さらに「Any Time, Any Place」はエロティックなグルーヴへと掘り下げたR&B色を帯びたスロー・ジャムでもある。

紛れもなく、『janet.』の最大の目玉は、同アルバムからのファースト・シングルで魅力的なグルーヴのバラード曲「That’s The Way Love Goes」で、グラミー賞のベストR&Bソング賞を受賞した。そのわずかなジャズ風の曲調とつい口ずさんでしまうコーラスを備えたこの曲は、1993年の夏、全米シングル・チャートで8週間1位を獲得、イギリスでも2位となっている。この曲の成功は、その年の6月にリリースされた『janet.』を推進する手助けとなり、アルバムは一気に全米R&Bとポップ・アルバムのチャートのトップへと駆け上がった。驚くべきアルバム・セールスとなった『janet.』は、全米アルバム・チャートに106週間も残ることになり、最終的にアメリカ・レコード協会より6xプラチナ(600万枚売上)と認定された。

Janet Jackson - That's the Way Love Goes (Video)

Janet Jackson - That's the Way Love Goes (Video)

 

『Control』が自己決定の主張、『Rhythm Nation 1814』が社会的不公正を批判した一枚だったのに対して、『janet.』は歌手ジャネットのセクシーな魅力を率直に解放した一枚だった。厳格なエホバの証人として育てられたアメリカ初のエンターテイメント一家、ジャクソン・ファミリーで生まれたジャネット・ジャクソンの愛とセックスに対する率直な探求にはショックを受けた者もいただろう。しかし、『janet.』での表現は1997年発売の『The Velvet Rope』と比べると、まだおとなしいものだった。それでも、人として、そしてアーティストとして、『janet.』は、ジャネット・ジャクソンの進化において新たな1ページを開いたのである。

Written By Charles Waring


ジャネット・ジャクソン『janet.』

   


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , ,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *