(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

マリーナ・ショウをサンプリングしたブルー・ボーイの「Remember Me」

Published on

ブルーノート・レコードの分厚いジャズ・カタログは、現代のダンス、R&B、そしてヒップホップ・アーティストとプロデューサーのサンプリングの元として頻繁に使用されてきた。その流れで最も結実したのは、ブルー・ボーイと知られるアーティストによるもので、彼がニューヨークのジャズ・ソウル・ヴォーカル・スタイリスト、マリーナ・ショウのヴォーカルをサンプリングしたシングルは、1997年2月1日にイギリスのシングル・チャート堂々のトップ10入りを果たした。

ブルー・ボーイはDJレックス・ブラックモアのレコーディング名で、ファーム・レーベルと契約しシングル「Remember Me」を発表している。このシングルはマリーナ・ショウの1973年7月のモントレー・ジャズ・フェスティヴァルの「Woman of the Ghetto」のパフォーマンスからの一節をサンプリング。使用した個所はブルーノート・アルバムから発売された『Live at Montreux』のパフォーマンスのヴォーカルを使用しており、そのコンビネーションはこのような感じだった。

marlena-shaw
ブルー・ボーイの「Remember Me」はUKチャート9位を記録。2週目には13位に落ちてしまったものの、その後珍しく再上昇し8位を記録。曲はトップ20に8週間居続け大成功を収め、チャート入りしたその日に、業界団体BPI(英国レコード産業協会)からシルバーに認定された。

マリーナ・ショウの「Woman of the Ghetto」はその後も繰り返しサンプリングされている。2000年には、アシッド・ジャズ・アーティストのセイント・ジャーメインが、アルバム『Tourist』の収録曲「Rose Rouge」で、その後ラッパーのゴーストフェイス・キラー2010年アルバム『Apollo Kids』の「Ghetto」で使用された。


マリーナ・ショウは常に表現力に富み、深みのあるシンガーで、ブルー・ボーイのレコードが出るまでに約30年間活動していた。ニューヨーク州 ニューロシェルにマリーナ・バージェスとして生を受け、彼女の初のアルバム『Out Of Different Bags』は1967年にカデットからリリースされた。カデットからの2枚のアルバムリリースの後、1972年から76年まではブルーノートから「Woman Of The Ghetto」のライヴ・セットを含む5枚のアルバムをリリース。彼女の全米チャートにおける最初の成功は、彼女がブルーノートを離れ、コロンビアに移り、ディスコの影響を受けた「Sweet Beginnings」が62位に達したときだった。


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss