絶賛に価する歌:史上最高のクリスマス・キャロル・プレイリスト

12月 6, 2017


絶賛に価する歌:史上最高のクリスマス・キャロル・プレイリスト

キリストが生誕したクリスマスの同義語として、賛美歌(キャロル)は何世紀にもわたってこの季節の一部となっている。これらの由緒ある曲はクリスマスそのものを象徴しているからこそ、史上最高のクリスマス・キャロルを特別に選んだプレイリスト以外に、間近に迫ったお祝いシーズンを受け入れる方法は他にないだろう。

キャロルの始まりは4世紀ローマのラテン賛美歌に遡る。しかし幅広く受け入れられる表現形式として一般に人気が出始めたキャロルの合唱は、16世紀の宗教改革のあとだった。その3世紀後にクリスマスの楽譜が広く出版されたあとに、このジャンルはより大きく人気が急上昇した。それらの楽譜にはベスト・クリスマス・キャロルと言える多くの曲が収録されており、それらの中には「The First Noel(牧人 羊を)」や「I Saw Three Ships(三隻の船)」、そして19世紀に初めて出版された「Hark! The Herald Angels Sing(天には栄え)」などがある。

これらの代表曲の素晴らしさを理解するために、細かな点を知る必要はない。一番重要なのはこのプレイリストに収録された35曲の魅惑的な音楽であり、ケンブリッジ・キングス・カレッジ合唱団による歌の「O Little Town Of Bethlehem(ああベツレヘムよ)」やウェールズ・ナショナル・オペラ管弦楽団による演奏の「In The Bleak Midwinter(木枯らしの風邪 ふきたけり)」、ウィーン少年合唱団の「O Tannenbaum(もみの木)」などはこれだけで満喫できそうな数ある不朽の演奏のうちの、たった3曲にすぎないことだ。

さらに、クラシック音楽やオペラ界からの大物スターたちの多くが重要な貢献をしている。超越的な才能に直面しながら、ベスト・クリスマス・キャロルの中からハイライトをあさるのは余計なことではあるが、しかし確実に、アンドレア・ボチェッリ & モルモンタバナクル合唱団による「The Lord’s Prayer(主の祈り)」やキャサリン・ジェンキンスの余分なものをそぎ落としたピアノ主導の「Silent Night(きよしこの夜)」、そして伝説のルチアーノ・パヴァロッティが参加したロンドンのナショナル・フィルハーモニック管弦楽団による神聖な「Adeste Fideles (‘O Come All Ye Faithful’)(神のみ子は今宵しも)」など、なぜこれらの絶賛に価する比類なき曲が世界中の人にとってクリスマス気分を意味するものになるのか、完全に明らかにする。

Written By Tim Peacock



史上最高のクリスマス・キャロル・プレイリスをSpotifyで聞く

ベスト・クリスマス・ソング・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です