(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

アリアナ・グランデ『Christmas & Chill』解説:ポップの歌姫が送るトラップ風味のクリスマスEP

Published on

アリアナ・グランデ『クリスマス&チル』

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)はバラードに適した歌声を持っているので、伝統的なクリスマス曲を収録したアルバムを簡単に出すことができるだろう。しかし、彼女が2015年に出したEP『Christmas & Chill』では、ポップの歌姫がホリデー・スタンダードにトラップ風味のひねりを加え、現代のクリスマス・クラシックを作り上げることに成功した。

<関連記事>
大統領を演じるアリアナ・グランデが白い衣装を選ぶ訳
アリアナがガールパワーアンセムを生み出し続けられる理由

2015年12月18日に発売したこのEPでは、ホリデーシーズンに新たなサウンドを提供している。というのもいつもの軽快なポップスではなく、エッジの効いたムードのあるキャラで歌い、トラップのハイハットとドラムマシンTR-808のサウンドにのっているのだ。

『Christmas & Chill』がリリースされた頃、「Netflix and Chill」という言葉はアリアナの世代にとっては”ロマンチックな夜のお誘い”を意味する定着したスラングとなっていた。この「Netflix and Chill」というスラングに彼女自身の遊び心を加えたタイトルのこのEPは、2013年のEP『Christmas Kisses』に収録された「Santa Tell Me」のようなポップなトーンではなく、より魅惑的なものに仕上がっている。

Ariana Grande – Santa Tell Me

トラップミュージック風味

『Christmas & Chill』の中心となる曲は「December」だ 。ジングルベルが鳴り響く中で始まるこの曲は、すぐにスリリングなトラップR&B調に切り替わり、アリアナは「冬の間、赤ちゃんを暖かくしてあげたい」と歌い、そのあと「夏の間の記憶に残るものを 与えようとしている」 と続ける。

Ariana Grande – December (Audio)

また、EPのオープニング曲「Intro」からヒントを得たかのように、トラップのパーカッションが『Christmas & Chill』の全面に押し出されている。クリスマスソングの名曲「Little Drummer Boy」の現代的な解釈であるこのインスト曲は、アリアナが2016年のアルバム『Dangerous Woman』で克服するであろう領域を予兆していたともいえる。

アリアナ・グランデのサウンドには生き生きとしたスピリットがあるが、それだけではなく彼女はそれを常に甘美なタッチで包み込みバランスを取っている。「December」と「Intro」では、鈴やチャイムなど、より伝統的なホリデー的な楽器をヒップホップのプロダクションと融合させ、このEPを現代的でありながらクリスマスの時期に合わせたものにしている。また、これまでのリリースと同様に、彼女はこのEPにもR&Bのサウンドをももたらしている。

Ariana Grande – Intro (Audio)

コンテンポラリーでありながら伝統的

アリアナのヴォーカルから、脈打つビートのエネルギーまで、EPの2曲目「Wit It This Christmas」はトラップのような雰囲気を醸し出す。ヤドリギ、暖炉、ジンジャーブレッドなどのクリスマスを連想させるこの曲は、アリアナをギフトに見立て、遊び心のあるトーンを維持しながら、大切な人を温かくしておくというアイデアに喜びを感じているのだ。

Ariana Grande – Wit It This Christmas (Audio)

さらに、トミー・ブラウンのプロデュースと、アリアナの長年のコラボレーターであるヴィクトリア・モネのソングライティングにより、「True Love」のような曲は、クリスマス・ミュージックの心地よさにヒップホップ・ソウルを加えたものとなっている。

Ariana Grande – True Love (Audio)

ヤドリギとウクレレ

EP『Christmas & Chill』の後半部分では、前半の現代的なトラップのアプローチではなく、より伝統的なクリスマス・サウンドを聴かせる。4曲目の「Not Just On Christmas」はグランドピアノによるスローなバラードで、彼女の愛はクリスマスの日だけではなく、1年365日続く無条件のものであることをパートナーに伝えている。

6曲目の「Winter Things」は、EPの最初の5曲のトーンとは全く別のサウンドになっている。ビング・クロスビーのハワイアン・トラック「Mele Kalikimaka」にインスパイアされたこの曲では、故郷のフロリダで休日を過ごすことをウクレレを使って歌いあげている。

Ariana Grande – Winter Things (Audio)

クリスマスをわずか1週間に控えた中で発売されたクリスマス・コレクション『Christmas & Chill』は、伝統的なクリスマスソングを歌うディーン・マーティンの楽曲では「Netflix and Chill」することができない世代のためのホリデー・クラシックとなったのだ。

Written By Da’Shan Smith


アリアナ・グランデ『クリスマス&チル』
アリアナ・グランデ『Christmas & Chill』
2015年12月18日発売
CD / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music





Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss