(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

アバ唯一の全米シングル1位はグループの代表曲「Dancing Queen」

Published on

アバの全米シングル・チャートでのキャリアは山あり谷ありで、他の国での勢いの止まらない成功とは比べ物にならなかった。例えばイギリスでは、トップ10ヒットを通算19作、そのうち9作が1位を獲得。しかし、アメリカではトップ10入りした楽曲は通算4作、そのうち1位を達成したのは1曲だけ。その曲とはは普遍的な名作「Dancing Queen」であり、見事な道のりを経て1977年4月9日にトップの座に着いた。

Abba – Dancing Queen

 

その週、アメリカのリスナーはロッド・スチュワートに魅了されており、「Tonight’s The Night (Gonna Be Alright)(邦題:今夜きめよう)」は最終的に8週間チャート・トップにいたが、ちょうど5週目を達成したところだった。トップ10に大きく前進したもう一人のアーティストも同じくイギリス人のレオ・セイヤーであり、その曲は「You Make Me Feel Like Dancing(邦題:恋の魔法使い)」だ。

Abba 1976

1976年12月11日にアバと同じくニュー・エントリーを果たしたアーティストも粒ぞろいだった。バーブラ・ストライサンドの「Love Theme From ‘A Star Is Born’ (Evergreen)(邦題:スター誕生の愛のテーマ)」、ボブ・シーガーの「Night Moves」、そしてスティーヴン・ビショップの「Save It For A Rainy Day(邦題:雨の日の恋)」など。「Dancing Queen」が全米チャートを登り始めた頃には、他の国では既に大ヒットを記録していた。全英チャートでは1976年9月と10月にトップを達成していたが、全米シングル・チャートの道のりはゆっくりと安定したものだった。

トップ40入りするのに7週間、トップ10入りには12週間を要し、その時にはバーブラ・ストライサンドのシングルが頂点に立とうとしていた。それでもアバのシングルは最終的に4月初めのチャート登場18週目、チャート・インから4か月という時を経て1位を達成し、ダリル・ホール&ジョン・オーツの「Rich Girl」からトップの座を勝ち取り、のちにゴールド認定を受けた。

アバは全米シングル・チャートで再びトップを獲得することはなかった。しかし、1978年には「Take A Chance On Me(邦題:テイク・ア・チャンス)」がゴールド認定を受けトップ10入りし、1981年初めに「The Winner Takes It All(邦題:ザ・ウィナー)」で最後となるトップ10入りを果たしている。

Written by Paul Sexton




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss