(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Playlists

最もサンプリングで使われたブルー・ノートの楽曲たち

Published on

1970年代は、ヒップホップ最初期の胎動、そしてそこから生まれた79年のシュガーヒル・ギャングの「Rapper’s Delight」の発売を目撃していた。そのムーブメントは、アンダーグラウンドで流行っているもの以上の存在になっていく。1980年代中盤までに、LL・クール・J、ビースティ・ボーイズ、DJ・ジャジー・ジェフがシーンで活躍していた。ブルーノートのからすると、その期間で最も重要なヒップホップのアーティストはア・トライブ・コールド・クエストだ。彼らは1990年のデビュー・アルバムで大々的にサンプリングを使用しており、とりわけブルーノートの楽曲から多くをサンプリングしていた、ドナルド・バードの1975年のアルバム『Stepping into Tomorrow』に収録された「Think Twice」などがその一例である。1990年の年末に発売されたア・トライブ・コールド・クエストのセカンド・アルバムでは、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの1957年のアルバムから「Buhaina Chant」や、そしてグラント・グリーンの「Down Here On The Ground」をサンプリングしている。1993年のアルバムでは、リー・モーガン、ロニー・フォスター、ウディ・ショウらの楽曲と同じくブルーノートの中で最もサンプリングとして使われているルー・ドナルドソンの「Ode To Billy Joe」を使っている。


 

 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

10 Comments

10 Comments

  1. Pingback: 若きブルーノート・オールスターズが作り上げ、彼ら自身の歴史となるデビュー作『Point Of View』

  2. Pingback: ホセ・ジェイムズ、デビュー盤『The Dreamer』10周年記念盤発売。アルバム再現ツアーも実施

  3. Pingback: ゴーゴー・ペンギンが新作『A Humdrum Star』をブルーノートからリリース | uDiscoverJP

  4. Pingback: ゴーゴー・ペンギン来年2月発売の新作『A Humdrum Star』詳細発表、ティザー動画公開

  5. Pingback: 天才ビート・メイカー、クリス・デイヴのソロ・プロジェクト名義でのデビュー・アルバム発売

  6. Pingback: ゴーゴー・ペンギン『A Humdrum Star』で眩しく輝く | uDiscoverJP

  7. Pingback: ブルーノート・レコードのドキュメンタリー映画『Blue Note Records: Beyond The Notes』についてドン・ウォズが語る

  8. Pingback: ブルーノートが創立80周年を記念した壮大なアニバーサリー計画を発表

  9. Pingback: 『ブルーノート80ガイドブック』刊行記念トーク・イベント・レポート:「ジャズはB面1曲目がたまらない」

  10. Pingback: ブルーノートとヒップホップの関係:最高峰のジャズ・レーベルは、いかにして最先端の音を受け入れ形成し続けているか

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss