(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

テンプテーションズ、結成60周年を記念した大規模なUS&UKツアーを発表

Published on

ソウル・グループの草分け、テンプテーションズが、グループの結成60周年を記念して全米とイギリス各地を巡る大規模なツアーを敢行することを発表した。現時点での全ツアー日程はグループのオフィシャルサイトでご覧いただける。2020年1月26日にフロリダ州デイトナのピーボディ・オーディトリアムで開幕した全米ツアーは、今年7月末まで続き、10月からはUKツアーをスタートする予定となっている。

2017年に米ビルボードによって、史上最も偉大なR&B/ヒップホップ・アーティスト1位に選出されていたテンプテーションズは、翌2018年には広く絶賛された8年振りの最新スタジオ・アルバム『All The Time』をリリース。今回の最新ツアーのステージでは、ソウル・ミュージックの歴史を語る上で欠かすことのできない、「My Girl」「Get Ready」「Ain’t Too Proud to Beg」「Beauty Is Only Skin Deep」「I Wish It Would Rain」といったグループの無数のヒット曲で観客を楽しませてくれそうだ。

The Temptations – My Girl

 

現代版テンプテーションズは、唯一存命のオリジナル・メンバーで、78歳になった今も変わらず精力的に活動を続けるオーティス・ウィリアムスに加え、37年間リード・ヴォーカリストを務めるロン・タイソン、グループ歴23年になるテリー・ウィークス、そして加入4年目のバス担当、ウィリー・グリーンで構成されている。

今後テンプテーションズは、3月から6月にかけて全米各地を広く廻り、10月29日からは予てより発表されていたザ・フォー・トップスとのUKツアーをスタートさせる。現在のザ・フォー・トップスのメンバーは、こちらも存命する唯一の創設メンバーであるアブドゥル・ファキールに加え、ロニー・マクネア、ローレンス・ペイトン・ジュニア(オリジナル・メンバー、ローレンス・ペイトンの息子)、そしてジョセフ・アレックス・モリスとなっている。

今年迎えるテンプテーションズ結成60周年を経て、2021年のクリスマス・シーズンには、デトロイトのストリートからロックの殿堂入りを果たしたグループの道のりを描いた大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル『Ain’t Too Proud』がワシントンD.C.のジョン・F・ケネディ・センターで再演される予定だ。同公演は、2019年2月のブロードウェイ、インペリアル劇場での公開に先立って、2018年に、同会場を含む数カ所で先行上演されていた。2019年5月、同公演の全米ツアーが、2020年7月のロードアイランド州プロビデンスのプロビデンス・パフォーミング・アーツセンター公演を皮切りにスタートすることが発表されていた。

Show Clips: AIN'T TOO PROUD

 

Written By Paul Sexton




uDiscoverのベスト・モータウン・ソング・エヴァー・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss