(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

グラディス・ナイト&ザ・ピップスのヒット曲を手掛けたジム・ウェザリーが逝去。その功績を辿る

Published on

Photo: Ava Gandy/WireImage

グラディス・ナイト&ザ・ピップスのヒット曲「Midnight Train to Georgia」や「Best Thing That Ever Happened to Me」の生みの親で、多作なシンガーソングライターだったジム・ウェザリー(Jim Weatherly)が77歳で逝去した。死因は明らかにされていないが、“ミュージック・ロウの市長”として知られるチャーリー・モンクは、2021年2月3日夜、テネシー州ブレントウッドの自宅で亡くなったことを報告している。

*ミュージック・ロウ:テネシー州ナッシュビルのダウンタウンの南西の地域にあり、カントリーミュージック、ゴスペル、コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック産業に関連した何百もの企業の本拠地

<関連記事>
マーヴィン・ゲイがもう一度録音した「I Heard It Through The Grapevine」
後に多くの人がカバーしたテンプテーションズの「I Wish It Would Rain」

Gladys Knight & The Pips – Midnight Train to Georgia (Official Audio)

1943年にミシシッピ州ポントトックで生まれたジム・ウェザリーは、青春時代にアメリカン・フットボールと音楽に情熱を注ぎ、その二つを両立していた。彼はミシシッピ大学のスター・クォーターバックとしてチームを全米選手権に導くことに貢献した一方で、バンドで演奏したり、シンガーソングライターとして最初期の作品をこの時期に書いている。大学卒業後、音楽の道を選んだ彼は、ロサンゼルスに移住した。

ジム・ウェザリーが生んだ最初の大ヒット作は、1972年に全米R&Bチャートで首位、全米シングル・チャートでも2位を獲得したグラディス・ナイトの「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)」で、同曲は彼女にグラミー賞の“最優秀R&Bヴォーカル・パフォーマンス(デュオ、グループ、もしくはコーラス)部門”をもたらした。

Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)

しかし、ジム・ウェザーリーを人気作家にしたのは、グラディス・ナイト&ザ・ピップスの1973年の代表的ヒット「Midnight Train to Georgia」だった。グラミー賞に輝いた同曲は、全米シングル・チャートとR&Bチャートで首位を獲得し、イギリスとカナダでもTOP10入りを果たし、発売から数十年を経て全米芸術基金とアメリカレコード協会(RIAA)によって「世紀の歌 365曲」に選ばれた他、2003年にはローリング・ストーン誌によって「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」にも選出。1999年には“グラミー賞の殿堂”入りを果たしている。

その後もクリエイティヴなパートナーシップを続けたジム・ウェザリーとグラディス・ナイトは、1974年に「Best Thing That Ever Happened To Me」で再びR&Bチャート1位のヒットを記録し、12曲以上のコラボ作品を世に送り出していった。

Gladys Knight & The Pips – Best Thing That Ever Happened to Me (Audio)

グラディス・ナイトは自身のツイッターで次のように追悼を捧げている。

「ジム・ウェザリーが恋しいです。彼の作品は人生と愛についてでした。‘Neither One of Us’と‘Midnight Train’で、彼がグラミー賞を受賞した時のことを覚えています。私たちの出会いは運命的でした。私たちは共に成長してきました。彼がいなくなるのはとても寂しいですが、これからもずっと愛しています」

1980年にナッシュビルへと移住したジム・ウェザリーは、その地でグレン・キャンベル、ガース・ブルックス、ケニー・ロジャース、ニール・ダイアモンド、ブレンダ・リー、ケニー・チェズニーといった著名アーティストたちの作品を手掛けていく。

その長いキャリアの中で、シンガーソングライターとしてソロ活動にも力を注いでいたジム・ウェザリーは、1972年から2008年にかけて、1974年の『The Songs of Jim Weatherly』、1975年の『Magnolias & Misfits』、そして自身最後の作品といった『Autumn Lights』を含む、通算11作のソロ・アルバムをリリース。1974年の「The Need to Be」、1975年の「I’ll Still Love You」、1977年の「All That Keeps Me Going」などのシングルは、カントリーとポップの両チャートでヒットを記録している。

The Need to Be

チャーリー・モンクは、ジム・ウェザリーの遺族に代わって次のような声明を発表した。

「ジムが“ソングライターの殿堂”入りした時、私は、“彼は私がこれまで知る人の中で最も立派な人物かもしれません”と彼を紹介しました。彼はタバコやアルコールを口にしたことがなく、人を罵ったりすることもありませんでした。私が唯一聞いた彼の罵声といえば、“チャーリー、歩いて!”でした。彼はおそらく、この町にやってきた最も才能のあるソングライターのTOP5に入る人物でした」

ジム・ウェザリーの功績は、その半世紀に及ぶ長いキャリアを通じて広く称賛されてきた。2014年に、“ソングライターの殿堂”入りを果たした他、2006年に“ナッシュビル・ソングライターの殿堂”入り、2011年に“ミシシッピー・ミュージシャンの殿堂”入り、そして2014年にはミシシッピ州から、卓越した音楽性が讃えられガヴァナーズ賞が授与されている。

Written By Sophie Smith



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss