(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

セックス・ピストルズの未発表曲8曲を含む76~77年の音源を収録した4枚組ボックス『76-77』発売決定

Published on

Photo: RB/Redferns

セックス・ピストルズのアルバム『Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols(勝手にしやがれ‼)』収録曲のデモ音源やアウトテイクを集大成したCD4枚組のボックス・セット『76-77』が2021年9月24日に発売されることが決定した。未発表曲が8曲、そしてデジタルでは初公開となる30曲が収録される。

『76-77』は、1977年の『Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols』をリリースする以前にセックス・ピストルズがレコーディングした音源を集大成したコンピレーション。ここには1976年5月から1977年9月までのあいだに録音されたオルタネート・ヴァージョンが80種類以上収録される。

こうしたレコーディングを足がかりにして完成したアルバム『Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols』はピストルズが残した唯一のスタジオ・アルバムとなり、文化的に重要で記念碑的な作品のひとつとして歴史にその名を刻んでいる。

<関連記事>
セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズを描く『Pistol』製作決定
ピストルズ vs メディア:バンドを悪者に仕立て上げたメディアの当時の見出しを紹介

今回リリースされる『76-77』は、アルバム『Never Mind the Bollocks』が完成するまでの道のりをデモ音源やアウトテイクを通じてたどるサウンド・ドキュメンタリーとなっている。あの名盤は単なる幸運の産物などではなく、ごく短い濃密な時期に、インスピレーション、創造性、そして多大なる努力によって作り上げられた。そしてその時期には、ピストルズの悪名を世に知らしめた出来事が立て続けに起こっており、それらは今や伝説となっている。

『76-77』と『Never Mind the Bollocks』の関連性

セックス・ピストルズのオリジナル・メンバー、ジョン・ライドン、ポール・クック、スティーヴ・ジョーンズ、グレン・マトロックがグループを結成したのは1975年の夏のこと。それからわずか10カ月後に、彼らは初めてレコーディング・スタジオに足を踏み入れることになった。

その初めてのレコーディングは1976年5月15日にロンドンのマジェスティックで行われ、セッションにはクリス・スペディングが立ち会っている。さらに7月にはまずデシベル、次いでリヴァーサイドでデイヴ・グッドマンと共にレコーディングが行われ、10月にはランズダウンとウェセックスでもレコーディングを実施。こうした初期のレコーディング・セッションの成果はセックス・ピストルズ『76-77』にすべて含まれている。つまり、このコンピレーションを聴けば、曲やピストルズのサウンドがどのように進化していったのか確認することができるのだ。

この時期にピストルズはEMIと契約し、同社のマンチェスター・スクエア・スタジオでもセッションを行っていた。そのときの音源も今回のセットには含まれている。

そしてピストルズはシングル「Anarchy In The UK」をリリースするが、同曲のプロモーションのために行った活動はかえって逆効果となった。そして1976年12月1日にITVのビル・グランディの番組に、クイーンの代役としてゲスト出演してスキャンダルを巻き起こした結果、EMIは1977年1月6日に契約を解除。ピストルズはEMIからの前金4万ポンドをそのまま活動資金とし、すぐにデイヴ・グッドマンと共にイーデン・スタジオとグースベリー・スタジオでレコーディングを続けた。2月にはグレンが脱退し、代わりにシド・ヴィシャスが加入した。

The Sex Pistols – Anarchy In The U.K (official video)

やがて3月9日、ピストルズはA&Mと契約 (契約金は15万ポンドだった) 。その翌日には、バッキンガム宮殿の外でマスメディア向けに契約の調印式を再現してみせた。A&Mはシングル「God Save The Queen」を3月25日にリリースするために、急いでレコードのプレスを始めた。そうして2万5000枚がプレスされたが、予定されていた発売日にA&Mはシングルのリリースを中止したことを発表。ピストルズとの契約を解除し、既にプレスの終わっていたシングルを破棄した。一方ピストルズは契約解除の補償金として7万5000ポンドを手にし、さらにレコーディングを続けた。

Sex Pistols – God Save The Queen

1977年5月13日 、ピストルズはヴァージン・レコードと契約し、同年9月までレコーディングを行う。そしてその翌月、 『Never Mind the Bollocks』がリリースされたのだった。

Written By uDiscover Team



セックス・ピストルズ『76-77』
2021年09月24日発売
CD

CD1:
Chris Spedding – Majestic Studios Mixes, May 15th 1976
“Problems”
“Pretty Vacant”
“No Feelings (Take 1)”
“No Feelings (Unreleased Take 2)”
“No Feelings (Unreleased Take 3)”

Dave Goodman – Decibel Studios Mixes, July 30th 1976
“Submission”
“Seventeen”
“Satellite”
“I Wanna Be Me”
“Pretty Vacant”
“Anarchy In The UK”
“No Feelings”

Dave Goodman – Wessex Studios Sessions October 17 1976
“Anarchy In The UK”
“Substitute”
“(Don’t Gove Me) No Lip”
“(I’m Not Your) Stepping Stone”
“Johnny B Goode”
“Road Runner”
“Watcha Gonna Do About It?”
“Through My Eyes”
“No Fun” (Full 7 Minute Version)

CD2:
Mike Thorne Manchester Square Studio Session Dec 11 1976
“Anarchy In The UK” (Instrumental (Manchester Square backing track))
“No Future” (aka GSTQ)
“Liar”
“Problems” (Manchester Square Demos)
“God Save The Queen” (Instrumental)
“Pretty Vacant” (Instrumental)
“No Feelings” (Instrumental (EMI back tracks for TV))

Dave Goodman Eden Studio Mixes January 28 1977 (recorded at Gooseberry Studios Jan 1977)
“New York”
“Unlimited Edition” (aka EMI)
“Liar”
“Pretty Vacant”
“Problems”
“No Future” (aka GSTQ)
“God Save The Queen” (Unreleased Instrumental)

Dave Goodman Riverside Studio Mixes 31/5/77 (Recorded at Denmark Street July 1976 but mixed 1977)
“Pretty Vacant”
“Seventeen”
“Satellite”
“No Feelings”
“I Wanna Be Me”
“Submission”
“Anarchy In The UK”

CD3:
Wessex Studio
“Anarchy In The UK” (Wessex Studios Rejected version Oct. 1976)
“Did You Know Wrong” (Alternative Vocal March 3rd 1977)
“17” (Alternative Vocal March April 21st 1977)
“Satellite” (Rough Mix April 22 1977)
“Submission” (Rough Mix April 22 1977)
“Holidays In The Sun” (Rough Mix April 22 1977)
“EMI” (Rough Mix April 22 1977)
“17” (Rough Mix May 16 1977)
“Holidays In The Sun” (Alternative Mix June 11 1977)
“Body” (Demo & The Banter June 11 1977)
“Submission” (Alternative Mix August 12 1977)

Chris Thomas NMTB Sessions, Wessex Studios March – August 1977
“EMI” (Outtake – March 3rd 1977)
“God Save The Queen” (Outtake – March 3rd 1977)
“Bodies” (Outtake – Instrumental June 18th 1977)
“EMI” (Outtake – August 12th 1977)
“Satellite” (Outtake – August 12th 1977)
“Submission” (Version 1 – Alternative Mix – August 12th 1977)
“EMI” (Alternative Mix – April 22nd 1977)
“Seventeen” (Alternative Mix – April 21st 1977)
“No Feelings” (Alternative Mix – April 14th 1977)
“Submission” (Version 2 – Alternative Mix – August 12th 1977)

John Boogie Tiberi Denmark Street Rehearsal Room, London, Sept 20th 1977
“Belsen Was A Gas” (Demo)
“Belsen Was A Gas” (Demo 2)

CD4:
Spunk – Bootleg – Bonus Disc
“Seventeen” (Spunk Version)
“Satellite” (Spunk Version)
“Feelings (aka No Feelings)” (Spunk Version)
“Just Me (aka I Wanna Be Me)” (Spunk Version)
“Submission” (Spunk Version)
“Nookie (aka Anarchy In The UK)” (Spunk Version)
“No Future (aka God Save The Queen)” (Spunk Version)
“Problems” (Spunk Version)
“Lots Of Fun (aka Pretty Vacant)” (Spunk Version)
“Liar (Spunk Version)”
“Who Was It (aka EMI)” (Spunk Version)
“New York (aka Looking For A Kiss)” (Spunk Version)
“Anarchy In The UK” (Denmark Street Demo July 76) (Spunk Version)
“Pretty Vacant” (Denmark Street Demo July 76) (Spunk Version)
“No Fun (Unedited Version)” (Spunk Version)



セックス・ピストルズ / Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols【輸入盤】【アナログ】

セックス・ピストルズ『Never Mind the Bollocks,Here’s the Sex Pistols』
CD / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss