クイーンが世界中のファンとの共作によって完成した3曲のオフィシャル・ファン・ビデオを公開

Published on

クイーンの大ヒット曲「Bohemian Rhapsody」が1990年代以前に制作されたミュージック・ビデオとして、YouTube上で10億回再生を突破した史上初の作品になったことを記念して、クイーンとYouTube Musicがユニバーサル・ミュージック・グループ、ハリウッド・レコードとタッグを組んで、一般ユーザーから寄せられたコンテンツを基に制作する3つの代表曲( 「Bohemian Rhapsody」「Don’t Stop Me Now」「A Kind Of Magic」 )のオフィシャル・ファン・ビデオへの参加を募る『You Are The Champions』キャンペーンを実施し、その作品が公開となった。

 

世界120ヶ国以上の1万人を超えるファンから、キャンペーンサイト“You Are The Champions オフィシャル・マイクロサイト”を通じて、それぞれの楽曲が課題曲となる3つの募集部門へユニークなコンテンツが多数寄せられた。参加者が「Bohemian Rhapsody」のカヴァーに挑戦した<ミュージシャン・歌手・楽器奏者部門>、「Don’t Stop Me Now」でダンスを披露する<ダンサー部門>、そして「A Kind of Magic」から好きな歌詞やメロディーを選んでアート作品を作る<ビジュアル・アーティスト部門>という世界最大規模のコラボレーション企画があり、現在クイーンの公式YouTubeチャンネルで公開されている。

「Don’t Stop Me Now」が課題曲となった<ダンサー部門>には、映画『ボヘミアン・ラプソディ』において主演のラミ・マレックの演技指導も行なったポリー・ベネットが参加者のために作成した振り付けビデオをもとに、個人やグループ、バレリーナからアイス・スケーター、そしてフレディ・マーキュリーに扮したファンまで、1,800作以上のダンス動画が提出され、完成したビデオでは、世界中のファンによるダンス・パフォーマンスが、ひとつの作品として仕上がっている。

 

「Bohemian Rhapsody」が課題曲になった<ミュージシャン・歌手・楽器奏者部門>には、ハープ奏者やクラシック音楽家、ファゴット奏者、木琴グループを含む、世界110ヶ国のミュージシャンやシンガーから5,400作以上のカヴァー・パフォーマンス動画が寄せられ、世界中のファンによる演奏や歌唱がアイコニックなトラックでひとつになっている。

 

「A Kind of Magic」が課題曲となった<ビジュアル・アーティスト部門>では、世界92ヶ国のアーティストが、この名曲の歌詞やメロディをテーマに、絵画やアニメーション、グラフィック・デザイン、砂、花など、思い思いの手段でメンバーや歌詞の内容を表現したアート作品、全2,773点が集まった。

 

クイーンが世界中のファンとの強固な絆を祝うこれらの作品には、全大陸から幅広い世代のファンが参加している。今回のビデオのYouTubeでの公開に際して、ロジャー・テイラーは「ファンの皆さんが私たちの作品に参加してくれて嬉しいです。ようこそ」とコメント。

ブライアン・メイは、「世界中のファンが私たちの音楽にインパイアされて、このような素晴らしいパフォーマンスやビジュアル・アートをつくってくれたことは、どんなアーティストにとってもこの上ないやりがいですし、感動しました。そして、彼らのビジョンの多様性に驚かされました。参加してくれた全ての皆さんに心から感謝します」と述べた。

Written By  Tim Peacock



クイーン『Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)』


「クイーンの日」 9作品再発

2019年4月17日発売
各商品の詳細はこちら

【DVD】
『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ1』『グレイテスト・ビデオ・ヒッツ2』
『オン・ファイアー / クイーン1982』『グレイテスト・ヒッツ・カラオケ』
『ジュエルズ』

【CD】
『ライヴ・キラーズ』『ライヴ・マジック』
『グレイテスト・ヒッツ・カラオケ』『オン・ファイアー / クイーン1982』

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version