(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

アルツハイマー病の患者にリスナーの背景や好みに応じて音楽を処方し、心拍数が最大で22%減少

Published on

Medical Music/Getty Images

英国国民保健サービスの組織、NHSトラストでは、アルツハイマー病患者の苦痛を軽減するために、アルゴリズムによって音楽のプレイリストを調整できるかどうかを調べる試験が行われている。また今週、ランカシャー・ティーチング・ホスピタルNHSトラストは、新型コロナウイルスのパンデミック時に救命救急診療に従事していた医療スタッフを対象に、不安やストレスを和らげることができるかどうかの試験を実施。また、この試験は、回復期の重症患者、針恐怖症の子供、慢性的な痛みを抱える外来患者にも拡大される予定だ。

ランカシャーNHSトラストで行われたアルツハイマー病の患者を対象とした試験では、リスナーの背景や好みに応じて音楽を処方するアルゴリズムにより、心拍数が減少し、さらに一部のケースでは焦燥感や苦痛が軽減されることが判明した。

アカデミックリサーチ&イノベーションマネージャーのジャクリーン・トワムリー博士は、ガーディアン紙にこうコメントを寄せている。

「患者の心拍数が最大で22%減少しました。心拍数に全く影響を与えない人もいますが、顔の表情やタップの音で効果を実感できています」

プレイリストの作成にあたっては、患者の音楽嗜好を考慮し、ストリーミングサービスを利用している場合はその設定をもとに、年齢、性別、国籍、民族などの個人的な背景も考慮される。例えば、90代の患者さんにはビッグバンドの音楽を、50代の患者さんにはポール・マッカートニーの音楽を聴かせることもできます。

そのシステムは、心拍数や血圧の反応に影響を与えるテンポ、キー、拍子記号など、曲のさまざまな質を評価し、患者を動揺させる可能性のある「レッド・フラッグ・トラック」はフィルターで除外される。この技術は、患者に曲を聴かせ、彼らが聴いた聴取率がモニタリングされる。処方された曲がうまくいかない場合は、ストリーミングサービスにリンクされたアルゴリズムが曲を変更する。

音楽を聴くことは、血圧を下げ、ストレスを軽減する効果がある。音楽療法は、アルツハイマー病や慢性疼痛、認知症患者の不安や抑うつの管理に有効であることが多くの研究で指摘されており、今回の英国ランカシャーNHSトラストでの試験は、これらの研究を基にしたものだ。

Written By Sharon Kelly



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss