『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』日本公開決定。製作総指揮はデヴィッド・リンチ

Published on

© B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

インド滞在期のザ・ビートルズと共に過ごしたポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』が、2022年9月23日より日本劇場公開されることが決定した。

<関連記事>
インド音楽の出会いについてジョージ・ハリスンが語る
ザ・ビートルズの初めてのマハリシと出会い
偉大なるラヴィ・シャンカールの想い出
ザ・ビートルズ”The White Album”の制作秘話と9つの楽曲

1968年、23歳のポール・サルツマン監督は、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩く。そこで思いがけず出逢ったのは、世界的ロックバンド「ザ・ビートルズ」のジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人だった。

サルツマンが瞑想を学びながら、カメラに収めたビートルズと過ごした奇跡の8日間が、50年以上の時を経てドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』として初めて明かされる。

さらに、製作総指揮にデヴィッド・リンチ、ナレーションにモーガン・フリーマンと豪華な製作陣にも注目。本物の“バンガロウ・ビル”との出会いや、ミア・ファローの妹プルーデンスに捧げられた「ディア・プルーデンス」誕生秘話をはじめパティ・ボイドらビートルズの当時のパートナーたち、ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴやドノヴァン、俳優のミア・ファローも登場する。

 

映画のストーリー

本作『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は、カナダの映像作家ポール・サルツマンによるドキュメンタリー。1968年、超越瞑想運動の創始者であったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーに招待されたザ・ビートルズは、北インドのリシケシュ、ガンジス川のほとりにあるアシュラム(僧院)に滞在していた。

時を同じくしてリケシュへと導かれた青年がいた。当時23歳のポール・サルツマン監督である。このままで良いのか…。人生に悩むひとりの若者が内なる声に耳を傾けたとき、「インドへ行け」と声がした。録音技師の仕事を見つけたインドに向かうが、まさかの失恋に心が折れそうになる。その時、デリー大学でマハリシ・ヨーギーが“超越瞑想”の講義を行っていた。マハリシの言葉に導かれるようにリケシュへと向かった青年は、アシュラムを訪れていたザ・ビートルズと奇跡のような時間を過ごすことになる。

それから約半世紀、娘からのひと言で忘れていた写真を再び発見したサルツマンは、ザ・ビートルズとインドの関係を紐解く旅にでる。監督に同行するのはビートルズ研究の第一人者である歴史家マーク・ルイソンである。モントリオールからリバプールへと向かい自分の写真を見つめ直した後、ジョージ・ハリスンがレコーディングに臨んだムンバイのスタジオ、そしてガンジス川のほとりにあるアシュラムへと旅を続けていく。

ポール・サルツマン監督(当時)

ポール・サルツマン監督(現在)

マーク・ルイソン

Written by uDiscover Team


『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』

監督・脚本・製作:ポール・サルツマン
ナレーション:モーガン・フリーマン
製作総指揮:デヴィッド・リンチ

出演:デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、デヴィアニ・サルツマン

2020 年/カナダ/英語/79 分/カラー/1.78:1/5.1ch

原題:Meeting The Beatles in India
字幕:大西公子
字幕監修:藤本国彦
配給:ミモザフィルムズ

【公式サイト】 http://mimosafilms.com/beatles/



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version