(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

メアリー・J. ブライジがアポロ・シアターの殿堂入り。まもなくドキュメンタリーがAmazonで配信

Published on

Photo: Cindy Ord/Getty Images

ヒップホップ・ソウル・クイーン、メアリー・J. ブライジ(Mary J. Blige)が2021年5月28日、2010年に創設されたアポロ・シアターの殿堂入り(Walk of Fame)を果たし、アレサ・フランクリン、パティ・ラベル、エラ・フィッツジェラルド、スモーキー・ロビンソン、そして最近ではテンプテーションズなどの伝説的アーティストたちの仲間入りを果たすことになった。

<関連記事>
カマラ・ハリス副大統領のテーマ曲は、なぜメアリー・J. ブライジなのか
メアリー・J.ブライジの2枚目『My Life』解説

Mary J. Blige Honored At Apollo Theater

新型コロナウイルス蔓延を受け、アポロ・シアターはライブ・パフォーマンスのオープンはまだしていないが、メアリー・J. ブライジのファンは125丁目に集まり、この多才なパフォーマーがプレートの除幕式でスピーチするのを見守った。アポロ・シアターのプロデューサーであるカミラ・フォーブスはこうコメントしている。

「ミス・ブライジは、ヒップホップ・ソウルのクイーンというだけでなく、今日の多くのアーティストに道を開いた多才なアーティストです」

メアリーは、1992年に「You Remind Me」で初めてアポロのステージに立ち、その後、1995年と2001年にはアポロのヒットシリーズ「Showtime」に出演し、2002年にはソロコンサートを開催して完売していた。今回の殿堂入りを受けメアリーはこうスピーチした。

「ファンの皆さんがいなければ、今回のようなことが起きることはなかったでしょう」

「初めてこのアポロで歌ったとき、私は自分自身としてではなく、ジェフ・レッドのバック・コーラスとして歌っていましたが、そこからがすべての歴史、メアリー・J. ブライジの歴史が始まったんです」

Mary J. Blige – Be Happy

R&Bのスターであり、女優でもある彼女は、今までにもその名に恥じない数々の称賛を得ている。キャリアの中で、8枚のマルチプラチナムアルバム、9つのグラミー賞(および32のノミネート)、2つのアカデミー賞ノミネート、2つのゴールデングローブ賞ノミネート、SAGノミネートを達成している。

また、彼女のキャリアと人生は、2021年6月25日からAmazonで公開予定のドキュメンタリー『Mary J. Blige’s My Life(原題)』でも描かれることになる。このドキュメンタリー映画は、メアリー・J. ブライジによる2枚目のアルバム『My Life』の25周年記念ツアーに向けて準備している様子が描かれている。

また、メアリーは2021年8月13日にアメリカで公開されるジェニファー・ハドソンが主演するアレサ・フランクリンの伝記映画『Respect』でダイナ・ワシントンを演じている。

RESPECT | Official Trailer | MGM Studios

Written By Laura Stavropoulos




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss