(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

マリリン・マンソン結成メンバー、デイジー・バーコウィッツことスコット・パトエスキーが49歳で死去

Published on

マリリン・マンソンの結成メンバーで、ギタリストであり、デイジー・バーコウィッツのステージ・ネームで知られるスコット・パトエスキーが2017年10月22日に49歳で死去した。

テキサス州の地元紙サン・アントニオ・カレントによると、ステージ4の結腸癌との4年に及ぶ闘病生活の末に亡くなった。彼が1997年~1998年まで在籍したバンド、ジャック・オブ・ジルは彼をアーティスト、ヒーローと呼び追悼の意を彼等のFacebookに掲載した。追悼の前文はこちら「友人であり、バンド・メイとであり、アーティストであり、ヒーローであったスコットにさよならを。安らかに、スコット。‘いつもあなたの存在に感銘を受けていたわ’」。

スコット・パトエスキーとブライアン・ワーナーは1989年当時はリユニオン・ルームと呼ばれていたフォートローダーデールのクラブで出会い、マリリン・マンソンを結成(当初は、マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズという名前だった)。ブライアン・ワーナーが、女優マリリン・モンローと殺人鬼チャールズ・マンソンから、自身のステージ・ネームであるマリリン・マンソンを作り出したように、スコット・パトエスキーもアクションドラマ『爆発!デューク』のキャラクター、デイジー・デュークと殺人鬼のデヴィッド・バーコウィッツの名前をあわせたステージ・ネームをつけた。

スコット・パトエスキーは、1994年に発売されたマリリン・マンソンのデビュー作『Portrait of An American Family』や続くEP『Smells Like Children』を含むバンドの初期作品に命を吹き込むのに一役かっていた。そして、「Sweet Dreams」、「Lunchbox」、「Sodomy」らの楽曲では、バンドにとって最も印象深いギター演奏の貢献者でもある。

1996年にマリリン・マンソンを脱退。1996年の大成功作『Antichrist Superstar』のセッションの半ばで、バンドの関係が悪化していった渦中の出来事だった。「レコーディングから締め出されたんだ」と後に、ニュー・タイムズに語った。「そして、そのとき彼らは、俺が共作した曲を手がけていた、最悪の気分だったよ」。

マリリン・マンソンの後、スコット・パトエスキーは1998年のジャック・オブ・ジルのEP『Covetous Creature』に参加、その後2枚のソロ・アルバムとスリー・トン・ゲートの名でEPをリリースしている。スコット・パトエスキーは、彼のホームタウンのフロリダ州ホームステッドのコーラル城からその名前を選んだ。

Written by Tim Peacock

「スコット・パトエスキーと俺は一緒に音楽を作った。ここ何年かは違う道を歩んでいたが、いつもあの時の想い出が蘇ってくる。是非彼が作った「Man That You Fear」を聞いてくれ。俺達が大好きな曲なんだ」マリリン・マンソン(マリリン・マンソン)


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss