(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ザ・ルーツの創設メンバー、マリク・Bが47歳で逝去。その半生を辿る

Published on

Photo: Paul Natkin/WireImage

ザ・ルーツ(The Roots)の創設メンバーで、フィラデルフィアが誇るレジェンド、マリク・B(Malik B.)が2020年7月29日に47歳で逝去したことが、彼の従兄弟によって報告された。

現時点で死因は明らかにされていないが、この訃報を受けて、彼の遺族や友人たちから続々と追悼が捧げられている。マリク・Bの従兄弟であるドン・チャンピオンはこう述べている。

「今日は、僕の最愛の従兄弟に祈りを捧げています。彼は、才能に溢れ、寛大な心を持ち主でした。彼とザ・ルーツが駆け出しの頃のことを今でも覚えています。彼は、私や父によくカセットテープを贈ってくれました。 君が恋しいよ、マリク」

関連記事:2020年に亡くなったミュージシャンたち

ザ・ルーツもまたソーシャル・メディア上でこう追悼を捧げた。

「彼のイスラム教への献身や深い兄弟愛、そして史上最も才能あるMCの一人としての彼の革新性が記憶に残されることを願っています」

1972年、フィラデルフィアに生まれ育ったマリク・アブドゥル・バジットは、アーミール・“クエストラブ”・トンプソン、タリク・“ブラック・ソート”・トロッターと共に、ザ・ルーツ(元々はスクエア・ルーツとして知られていた)の初期の活動において欠かせないメンバーだった。

90年代初頭に、ヒップホップ・アンサンブルの草分けとして活躍した彼は、ザ・ルーツが本格的にブレイクを果たすまでの期間、グループの最初の4作のアルバム『Organix』(1993)、『Do You Want More?!!!!!』(1995)、『Illadelph Halflife』(1996)、『Things Fall Apart』(1999)に参加し、2002年の『Phrenology』のレコーディング中に脱退した。

グループとヒップホップにとって重要な転機となった、1999年の『Things Fall Apart』に収録されているエリカ・バドゥをフィーチャーした 「You Got Me」で、ザ・ルーツは初のグラミー賞を受賞し、今作は全米で100万枚以上のセールスを記録した。

The Roots – You Got Me (Official Music Video) ft. Erykah Badu

 

彼がザ・ルーツから脱退した具体的な経緯は曖昧なままではあるが、ブラック・ソートがアルバム『Phrenology』の収録曲「Water」の中で、薬物問題に言及していたこと受けて、マリク・Bは、2006年のフィラデルフィア・シティ・ペーパーとのインタビューの中で、薬物使用がザ・ルーツから脱退した理由ではないと語っていた。

アルバム『Phrenology』(2002)と『The Tipping Point』(2004)に参加することはなかったマリク・Bだったが、その後一時的にザ・ルーツに加わり、2006年の『Game Theory』に収録の3曲にゲストとして参加。ザ・ルーツは、今作のライナーノートの中で、「Welcome Home(おかえり)」という言葉でマリク・Bへの感謝を綴った。

「俺がまだまだ元気で、イケてるんだっていうことを人々に知らせたかったんだ」と彼はフィラデルフィア・シティ・ペーパーに明かしていた。同年、彼はソロEP『Psychological』をリリースし、2008年にはザ・ルーツに再び加わり、彼らの続編作『Rising Down』にもゲスト参加している。

ザ・ルーツでの活動以外では、2005年にミックステープ『Street Assault』、2015年にはプロデューサーのMrグリーンとのコラボレーション・アルバム『Unpredictable』を発表するなど、ソロ活動も続けていた。

この悲劇的な訃報を受けて、彼の友人であり、MC仲間でもあるブラック・ソートは、自身のインスタグラムに次のような声明を発表している。

「俺たちは共に名声を得て、ゼロから道を切り開いた。灰の中から街を復活させ、それを背負って“Illadelph”と名付けたんだ。初めからお前と腕を磨き合っていた俺は、ずっとお前が持っていた真の才能と可能性には到底及ばないと感じていた。英語という言語を手懐けて、お前がエーテルから創り出したリズムが、 宇宙に解き放たれて詩のとなっていく様子を目にしながら、お前の鋼が私の鋼を研ぎ澄ましていったんだ。 俺はいつもお前を変えたいと思っていた。なんとかしてお前の人生観を洗練させて、ストリートじゃない場所に、はるかに多くの選択肢があるっていうことに気付かせたかった 。でも結局、お前とストリートは一身同体で、決して引き離すことはできないんだって気付いたよ。俺の最愛の兄弟M-illitant、お前が俺を誇らしく思わせてくれたのと同じくらい、誇らしい気持ちでいてくれてたらと願うよ。世界は真の才能を持った男を失ってしまった。アラーの神が、彼の罪をお赦しくださいますよう、彼が天に召されますように」

この投稿をInstagramで見る

We made a name and carved a lane together where there was none. We ressurected a city from the ashes, put it on our backs and called it Illadelph. In friendly competition with you from day one, I always felt as if I possessed only a mere fraction of your true gift and potential. Your steel sharpened my steel as I watched you create cadences from the ether and set them free into the universe to become poetic law, making the English language your bitch. I always wanted to change you, to somehow sophisticate your outlook and make you see that there were far more options than the streets, only to realize that you and the streets were one… and there was no way to separate a man from his true self. My beloved brother M-illitant. I can only hope to have made you as proud as you made me. The world just lost a real one. May Allah pardon you, forgive your sins and grant you the highest level of paradise. #MalikB #TheLegendaryRootsCrew

Black Thought(@blackthought)がシェアした投稿 –

ラッパーのブループリントもまた、ソーシャルメディアで、自身のお気に入りの曲を挙げながら、マリク・Bとの思い出を共有している。

「ザ・ルーツのマリク・Bよ、安らかにお眠りください。アルバム“Things Fall Apart”からの‘Step into The Realm’は、彼のパフォーマンスの中でもずっとお気に入りのひとつです。‘Distortion to Static’からのこんな名セリフもありました。“さあ、ディクショナリー(辞書)とピクショナリー”を取りにいくんだ” R.I.P.」

Step Into The Relm

 




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss