(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

マウンテンの共同創設者で、伝説的ギタリストのレスリー・ウェストが75歳で逝去。その功績を辿る

Published on

Photo: Bobby Bank/WireImage

尊敬を集めたギタリストで、ハードロック・バンド、マウンテン(Mountain)のオリジナルメンバーでもあるレスリー・ウェスト(Leslie West)が2020年12月22日に75歳で逝去した。ローリング・ストーン誌によると、彼は今週初めにフロリダの自宅で心停止に陥り、その後意識を取り戻すことはなかったという。

レスリー・ウェストの先駆的なギター・テクニックは、エディ・ヴァン・ヘイレンやジェスロ・タルのマーティン・バーら多くの偉大なギタリストたちに影響を与えた。バンドのリード・ギタリスト兼共同リード・ヴォーカリストを務めた彼のパワフルなヴォーカルは、「Mississippi Queen」などの記憶に残るヒット曲で聴くことができる。

<関連記事>
2020年に亡くなったミュージシャン、音楽業界の関係者たち
ラウドな人生(Part1):へヴィ・メタルのヘッドバンギング物語

Mountain – Mississippi Queen (Official Music Video)

また、彼のソロ・デビュー作『Mountain』からの「Long Red」は、パブリック・エネミー、エリックB. & ラキム、デ・ラ・ソウル、TLCらの楽曲に加え、ジェイ・Zの 「99 Problems」やカニエ・ウェストの「The Glory」といった有名曲でもよく知られる、これまでに最もサンプリングされたドラム・ブレイクのひとつがフィーチャーされている。

JAY-Z – 99 Problems

 

1945年にニューヨークで生まれたレスリー・ウェストは、60年代半ばにマイナー・ヒットを連発したブルー・アイド・ソウル・グループ、ヴァガランツのシンガー兼ギタリストとしてその音楽のキャリアをスタートさせた。同バンドでの活動を通して、音楽プロデューサー、シンガー、ベーシストで、当時クリームの2作目のアルバム『Disraeli Gears』で彼らと共に仕事をしていたフェリックス・パパラルディと出会い、2人は共作を始める。1969年にはキーボーディストのスティーヴ・ナイト、ドラマーのN・D・スマート(数ヶ月後にコーキー・レイングと交替)と共にマウンテンを結成した。

そんなマウンテンは結成からわずか数回のライヴを経て、ウッドストック・フェスティバルに出演、という人生を変えるようなチャンスを得た。そして1970年、彼らはデビュー・アルバム『Climbing!』で全米アルバム・チャートTOP20入りを果たし、シングル「Mississippi Queen」は全米シングル・チャートで最高21位のヒットを記録。1971年の『Nantucket Sleighride』と『Flowers of Evil』という2作のアルバムをリリースした後、1972年にバンドは解散した。

解散後、レスリー・ウェストとコーキー・レイングは、ベーシストのジャック・ブルース(元クリーム)と共にウェスト、ブルース&レイングを結成したが、活動は長くは続かず、その後レスリー・ウェストは、フェリックス・パパラルディ、ドラマーのアラン・シュワルツバーグ、キーボーディスト兼ギタリストのボブ・マンと共にマウンテンを復活させる。この再結成時にライヴ・アルバム『Twin Peaks』と1974年のスタジオ・アルバム『Avalanche』が制作されたが、程なくして彼らは再び解散となった。

フェリックス・パパラルディは1983年に悲劇的な死を遂げてしまったが、一方でレスリー・ウェストは、その後数十年にわたってマウンテンを定期的に再結成させながら、80年代と90年代にはスタジオ・アルバムをリリースしている他、最近では2007年にボブ・ディランのカヴァー集『Masters of War』を発表していた。

レスリー・ウェストはソロ・アーティストとしても12作以上のアルバムを録音しており、その多くに、同世代の仲間たちや新世代の偉大なギタリストたちがゲスト参加を果たしている。2011年の『The Unusual Suspects』にはスラッシュ、ザック・ワイルド、ビリー・ギボンズが、2013年の『Still Climbing』にはジョニー・ウィンター、マーク・トレモンティ、ジョニー・ラングらが参加している。ピーター・フランプトンをフィーチャーした2015年の『Soundcheck』が生前最後の作品になった。

彼は、妻のジェニ・マウラーを後に残した。

Written By Sophie Smith




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss