(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

レディー・ガガ、映画『ジョーカー』の続編に出演決定。ハーレイ・クイン役の可能性を示唆

Published on

Lady Gaga - Photo: Matt Winkelmeyer/WireImage

レディー・ガガ(Lady Gaga)が、トッド・フィリップス監督による2019年の映画『ジョーカー』の続編作『Joker: Folie à Deux』に出演することが正式発表された。

彼女が自身のSNS上で公開したティザー映像には、ジョーカーとハーレイ・クインがダンスを踊るシルエットと共に“Phoenix”と“Gaga”の文字が映し出されており、レディー・ガガが、ホアキン・フェニックス演じるバットマンの宿敵ジョーカーのパートナーであるハーレイ・クイン役で出演する可能性が高いことを示唆している。

このティザーのBGMで流れる「Cheek to Cheek」は、彼女が伝説の歌手トニー・ベネットと共にカヴァーしたことでも知られている。

<関連記事>
レディー・ガガのスタジアム・ツアーがドイツで開幕
レディー・ガガが歌う主題歌も収録『トップガン マーヴェリック』サントラ売行好調
レディー・ガガの20曲:アートとポップと狭間で生み出された楽曲たち

世界中の何百万人もの観客を魅了し恐怖に陥れた初代『ジョーカー』から5年後、に2024年10月4日公開されることが決定した続編作『Joker: Folie à Deux』ではトッド・フィリップスが再び監督を務めるが、 前作との大きな違いは、新作映画がミュージカルになるという点だ。

レディー・ガガが、トッド・フィリップスと共に仕事をするのは今回が初めてではなく、トッド・フィリップスがエグゼクティブ・プロデューサーを務めたワーナー・ブラザース配給の2018年の映画『アリー/ スター誕生』で、彼女は俳優として一躍ブレイクを果たし、アカデミー賞にもノミネートされている。

今作はレディー・ガガにとって、リドリー・スコット監督による2021年のクライム映画『ハウス・オブ・グッチ』で殺人鬼パトリツィア・レッジャーニを演じて以来、5作目の映画出演となる。映画『Joker: Folie à Deux』の製作は今年12月から開始される予定だ。

Cheek To Cheek

先日、レディー・ガガとトニー・ベネットは、2021年にNYラジオ・シティ・ミュージック・ホールで行った特別公演の模様を収めたCBSのコンサート特番『One Last Time』で、エミー賞にノミネートを果たした。2人は2014年にリリースした『Cheek To Cheek』の成功に続き、2021年に2作目のデュエット・アルバム『Love For Sale』をリリースしている。

Tony Bennett & Lady Gaga – Love For Sale (One Last Time: Live At Radio City Music Hall) [1080p HD]

Written By Sam Armstrong


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss