カニエ・ウェスト、新作『DONDA』の試聴イベントを再度実施。ラストには宙に舞い上がる演出も

Published on

Photo: Kevin Mazur/Getty Images for Universal Music Group

カニエ・ウェスト(Kanye West)の最新アルバム『DONDA』のリリースを世界中のファンが待ちわびている中、米時間8月5日の夜、米ジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムにて7月22日以来2度目となるアルバムのリスニング・イベントが開催された。

<関連記事>
カニエ・ウェスト、新作アルバム『Donda』リスニングイベントを実施
カニエ・ウェストの20年以上を捉えたドキュメンタリー・シリーズがNetflixで配信
カニエ・ウェストと宗教、そして神:アルバム『JESUS IS KING』へ至る道

前回と同じくApple Musicでその模様は生放送され、控室であり仮住まいでもある小さな部屋でアルバム制作に取り組む自身とチームの映像を流した後、カニエはスタジアムに登場し、観客に向けて、新作アルバムの音源を披露した。

流された楽曲の中にはヤング・サグとキッド・カディが登場し、ファンが「Remote」と名付けた曲だけではなく、リル・ヨッティとリル・ダークとの曲を含む、いくつかの新曲も初披露された。新曲の中には、ザ・ウィークエンド、ジェイ・エレクトロニカ、Verzuzのパフォーマンスを行ったばかりのザ・ロックスもゲストで登場した。

ショーの最後には、カニエはステージの外からワイヤーで引き寄せられるようにして宙を舞い、スタジアムの外に浮かんでいった。今回は、ファッションブランド「バレンシアガ」のアーティスティック・ディレクターであるデムナ・ヴァザリアがクリエイティブを担当したこともあり、7月22日に行われた前回のパフォーマンスよりもはるかに演出かかっているものとなっていた。

カニエは『DONDA』について、NBAファイナル中に放映されたBeats by DreのCMで初めて発表。このCMではアルバムからの新曲「No Child Left Behind」が使用されていた。また、2度目のリスニングイベントの直前にも別のCMが公開され、こちらには、最初のイベント内で流されたJay-Zが参加した新曲「Glory」が使用されている。

アルバム『DONDA』は8月6日に発売されるという噂もあったが、まだ発売日時は確定していないようだ。

Written By Will Schube




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version