カニエ・ウエスト、新作アルバム『Donda』リスニングイベントを実施。ジェイ・Zとの共演曲も収録

Published on

Photo: Paras Griffin/Getty Images for Universal Music Group

日本時間7月23日、カニエ・ウェスト(Kanye West)は、米ジョージア州アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムにて新作アルバム『Donda』のリスニング・イベントを行い、Apple Musicにてその模様が全世界に配信された。事前のBeatsのCMではイベントの後の金曜日にアルバムはリリースされるとしていたが、7月24日午前9時時点でまだアルバムは発売されていない。

<関連記事>
カニエ・ウェストの20年以上を捉えたドキュメンタリー・シリーズがNetflixで配信
カニエ・ウェストと宗教、そして神:アルバム『JESUS IS KING』へ至る道
カニエ・ウェストの20曲:ヒップホップ界で最も人を引き付けるアーティスト

Photo Courtesy of Apple

カニエが真っ赤な衣装で白いステージを闊歩する様子を、世界中のファンがApple Musicにて視聴。真夏のアトランタでパフィー コートを着こなせる人は少ないだろうが、カニエはこのルックを難なく着こなした。リスニング・パーティーで流された曲では、リル・ベイビーやジェイ・Zなどのゲストのラップも聞くことができ、インターネット上でも話題となった。2011年に発売されたカニエとジェイ・Zとのコラボアルバム『Watch the Throne』のファンは、公然の確執により長年コラボレーションができなかった二人の再会に驚きと喜びをもって迎えていた。

カニエ・ウェストは、2019年の『Jesus is King』に続く新作が7月23日にリリースされることを、火曜日に放送されたNBAファイナル中にて流されたBeats by DreのCMで初めて発表した。米陸上界のスターであるシャカリ・リチャードソンを起用したこの広告には、新作アルバムに収録される予定の新曲「No Child Left Behind」の一部が使用されており、リチャードソン選手が走る準備をしているときに、カニエが「He’s done miracles on me(彼は私に奇跡を起こしてくれた)」と歌っているのを聞くことができる。

また、先月の米国オリンピック選考会でマリファナの陽性反応が出て、1ヵ月の出場停止処分を受けているリチャードソン選手は、今月初めに東京オリンピックのリレーチームのメンバーの先行からは外されていた。

新作アルバム『Donda』は、2007年に58歳で亡くなった母、ドンダ・ウエストの名前からとったものだ。カニエは2020年7月にツイッターで最初に発表したこのアルバムに関する詳細は、今のところ発表していない。世界中のカニエのファンは、『Donda』の到着を待ちながら、今日も自分の選んだ音楽ストリーミングサービスを常に更新している。

Photo Courtesy of Apple

Written By Will Schube




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version