毎年恒例、英百貨店のクリスマス感動CMが公開。2019年はバスティルのダン・スミスが歌唱を担当

Published on

今年も待望の英大手百貨店ジョン・ルイスによるクリスマスCMが公開された。同CMでは、バスティルのダン・スミスのヴォーカルと共に、映像には、興奮すると火を吹く息を制御できなくなってしまい村の人から疎まれてしまうドラゴンのエドガーがフィーチャーされている。映像は下記よりご覧いただける。

 

同CMの中で、ダン・スミスは、REOスピードワゴンによる1985年の名バラード「Can’t Fight This Feeling」の優しいピアノ・ヴァージョンを披露している。

昨年公開され、大絶賛されたジョン・ルイスのクリスマスCMは、「The Boy And The Piano」と題され、ピアノの前に座るエルトン・ジョンが、自身の人生とキャリアを遡るというものだった。また、2010年度版のCMでは、エリー・ゴールディングがエルトン・ジョンの「Your Song」をカヴァーしていた。

今年も公開に先立って、誰がジョン・ルイスのCM曲を歌うのかという憶測が飛び交い、オンライン・カジノサイトの“Betway”では、エド・シーランやジョルジャ・スミスを抜いて、スコットランド人シンガーのルイス・キャパルディが今年の一番人気だった。その他の候補予想には、サム・スミス、リリー・アレン、エルボーなどが挙がっていた。

ちなみに6年前には、バスティルの「Of the Night」が、リリー・アレンが同CMのためにカヴァーした「Somewhere Only We Know」の出現によってシングルチャート1位獲得を逃していた。

バスティルは今月初めに、彼らの最新アルバム『Doom Days』から、アレッシア・カーラをフィーチャリングした「Another Place」の新ヴァージョンを公開している。

 

この新たなデュエット・ヴァージョンは、バスティルの北米ツアーのトロント公演に、地元出身のアレッシア・カーラが出演したことがきっかけとなり録音された。「僕は、ずっとこの ‘Another Place’がデュエットとして、2人の人物がそれぞれの立場から語るストーリーのようなものになればいいなと思っていました」とダン・スミスはこの新ヴァージョンについて語っていた。

「ミックステープ以外では、こういったかたちでの録音は初めてだったんですが、僕たちはアレッシアの大ファンで、彼女の声と彼女の書く曲は本当に素晴らしいと思っていましたから、彼女が僕たちとのコラボに興味を持ってくれるか、試しに音源を送ってみたんです。彼女が歌うヴァースも、彼女がこの曲にもたらしてくれたもの全てをとても気に入っています。彼女がこの曲のさらなる魅力を引き出してくれたと思っています」

Written By Tim Peacock



バスティル『Doom Days』
発売中
  


Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version