(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

マーヴィン・ゲイ2番目の妻で、スタイリスト/マネージャー/作家でもあったジャン・ゲイが66歳で逝去

Published on

Janis Gaye and Marvin Gaye - Photo: Courtesy of UMe

モータウンの伝説的歌手、マーヴィン・ゲイの曲の題材にもなった彼の2番目の妻で、スタイリスト兼マネージャー、作家でもあったジャン・ゲイ(Janis Gaye)が、2022年12月3日にロードアイランド州の自宅で逝去した。享年66だった。

彼女は、妹のショーン・モンテイロ、弟のマーク・ゲイラード、ノーナとフランキーという2人の子供、そして孫のノラン・ペンツを後に残した。

<関連記事>
ジョン・モラレスによるマーヴィン・ゲイ「I Want You」のリミックスが公開
『What’s Going On』解説:表舞台から遠ざかり母国を憂いたソウルフルな世界
マーヴィン・ゲイの生涯を辿る:彼はいかにして真のソウルアーティストになったのか

Got To Give It Up

娘のノーナ・ゲイは次のように述べている。

「母であるジャニス・ゲイの死に深い悲しみを覚えています。母は私の人生、そして他の多くの人々の人生において最も影響力のある女性でした。母ジャンは、一度会ったら忘れることのできない女性だったと思います。彼女の口から出る言葉はすべて、彼女の魂から発せられていました。そのすべてが本心でした。17歳の時から亡くなる今まで、彼女の原動力と影響力は、すべて家族と、この美しくも苦痛に満ちたこの地球上のあらゆる場所にいる兄弟姉妹という、血縁を超えた家族のためにあったことを私は知っています。彼女の日々は、夫や子どもたち、孫、そして世界中で出会った友人たちへの愛に溢れていました」

「彼女は父に会った時から、苦悩するこの世界への彼の眼差しに触れ、あまりにも早く私たちから奪われてしまった彼のレガシーを守るために最善を尽くしていました。父の音楽の一語一句、一音一音について、彼女は時間を惜しまず語り、自分が恋に落ちた人のことをみんなに知ってもらいたいと願っていました。私はこの世で彼女と再会することはできませんが、彼女が天国で父と一緒にいて、私たちの心の代弁者になってくれることはわかっています」

孫のノラン・ペンツはこう付け加えている。

「祖母との最初の思い出から、彼女がどれだけ家族を大切に思っていたか、そして僕たちみんなを温かく見守ってくれていたかということは、ずっと知っていました。これからも彼女との思い出すべてに感謝し続けるでしょう。彼女はまた、世界の多くの人々のことを気にかけていました、ですから僕は彼女が望んでいたことを実行に移し、ゲイ家のレガシーを継承していくためにできる限りのことをするつもりです」

また、ノーナ・ゲイは、「母は、若い頃からまるで兵士のように家族を助け、困った時に支えてくれる孫のノランのことをとても誇りに思っていました」とも明かしている。

著名な作家兼活動家のベル・フックスはジャン・ゲイについて、「私がこれまで出会った中で最も誠実で勇気のある女性のひとり」として讃えている。

I Want You

1956年1月6日、バーバラ・ハンターとアーティストのスリム・ゲイラードの娘として生まれたジャンは、「Let’s Get It On」のレコーディング・セッション中にマーヴィンと出会う。マーヴィンは将来の妻のために書いた「Jan」という曲を1974年にモータウンからリリースしたヒット・アルバム『Live!』に収録し、1976年発売の全米No.1アルバム『I Want You』でも彼女を題材にしていた。1977年のヒット・シングル「Got To Give It Up」では、彼女をバック・ヴォーカルに迎えている。

また、ジャン・ゲイはマーヴィンの衣装デザイナーとして、かの有名なオークランド公演で彼が着用したアイコニックな衣装(赤い靴紐ついたシルバーの厚底ブーツ、ビーズをあしらったデニム・シャツ、赤いニット帽)のコーディネートを担当した。

Written By Sam Armstrong



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss