(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

ジョージ・ハリスンの名盤『All Things Must Pass』50周年記念版が初のマルチフォーマットで発売決定

Published on

Photo: Barry Feinstein

ジョージ・ハリスン(George Harrison)が1970年に発表した3枚組のアルバム『All Things Must Pass』が、オリジナル・テープから完全にリミックスされた50周年記念作品として、2021年8月6日に発売されることが発表となった。アルバムのフィジカルは以下のフォーマットにて発売となる。

「スーパー・デラックス・エディション(5CD + 1ブルーレイオーディオ)」
「3CDデラックス・エディション」
「2CDエディション」
「スーパー・デラックス・LPエディション」
「Uber Deluxe Edition」

All Things Must Pass 50th Anniversary (Official Trailer)

今回のアルバムは、ジョージ・ハリソンの息子であるダニー・ハリソンがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、デビッド・ゾンシャインがプロダクト・プロデュース、そしてグラミー賞を3度受賞したエンジニア、ポール・ヒックス(ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ジョン・レノン)がミックスを担当。この新しいミックスにより、レコードはこれまで以上に明るく、良い音に生まれ変わっている。

『All Things Must Pass』は、2014年にグラミー賞の殿堂入りを果たし、英Times誌の「The 100 Best Albums of All Time」や、米ローリング・ストーン誌の2020年版「The Top 500 Albums of All Time」にも選出された。また、ピッチフォークは、このアルバムが “アルバムのあり方を変えた “と評しました。

ジョージ・ハリソンのソングライティングの幅は、『All Things Must Pass』でも息を呑むほど広く、彼の深い個人的な内省と印象的なウィットは、このアルバムの大胆で贅沢なプロダクションとマッチしている。緻密なオーケストレーションと無数のジャンルを取り込むことで、ジョージとフィル・スペクターの画期的なサウンド・アプローチは、多くのアーティストが後に続く壮大な青写真を表している。

ジョージは半年近く前からネタを仕込んでおり、「Isn’t It A Pity」やタイトル曲「All Things Must Pass」など、ビートルズと一緒にリハーサルをしたものの、レコーディングされなかった曲も数多くある。さらに、「Wah-Wah」、ドラマチックな「Beware of Darkness」、未発表の「Run Of The Mill」など、その前の数年間にジョージが抱いていた不満を反映した曲も含まれている。「Run Of The Mill」はジョージとオリビア・ハリソンの二人がずっと好きな曲の一つとして挙げている。

George Harrison – Run Of The Mill (Take 36)

スーパー・デラックス・エディションのボックスセットは、5CD+1枚のブルーレイオーディオ、8枚のLPの2タイプが用意されている。ここには未発表の42曲を含む47曲のデモやアウトテイクが収録され、1970年のアルバム・セッションを掘り下げている。ブルーレイ・ディスクでは、メイン・アルバムをハイレゾリューション・ステレオ、5.1サラウンド・サウンド、ドルビーアトモスのミックスで体験することができる。

また、本作品には、オリビア・ハリスンが監修した60ページのスクラップブックが収録されており、当時の未公開写真や記念品が掲載されている。また、手書きの歌詞、日記、スタジオノート、テープボックスの画像、トラックガイドなども掲載。また、オリジナルのアルバムポスターのレプリカも収められている。

さらにUNIVERSAL MUSIC STOREで独占販売されている“Uber Deluxe Edition”は、LP8枚またはCD5枚+ブルーレイ・オーディオ・ディスク1枚を特殊デザインの木製ボックス (約12.4インチ×12.4インチ×17.5インチ) に収めている。このコレクションにはブックレットが2冊含まれており、うち1冊はオリヴィア・ハリスンが監修した全96ページの拡張版スクラップブックとなっている。こちらも当時の未公開写真や記念品、手書きの歌詞、日記、スタジオでのメモ、テープ保管箱の画像、包括的な各曲解説などで構成。もう1冊は『All Things Must Pass』の制作過程を記録した全44ページのブックレットで、過去のインタビューや詳細な解説を読むことができる。

この豪華なデザインなブックレットは庭作りや自然を好んだジョージへのオマージュとなっており、ジョージの自宅フライアー・パークにあるヨーロッパナラの倒木から作られた木製のしおりも添付されている。このまさしく唯一無二のボックスには、あの伝説的なアルバム・ジャケットに登場する妖精やジョージの1/6スケールの複製人形、ミュージシャン/アーティストのクラウス・フォアマンによる限定イラスト、さらにはパラマハンサ・ヨガナンダの著作『ライト・フロム・ザ・グレート・ワンズ』やルドラークシャ・ビーズ (特製ボックス入り) も同梱されている。

George Harrison – All Things Must Pass (2020 Mix / Audio)

ハリソンは、2001年に発売された30周年記念リマスター版のライナーノーツにこう書いている。

「私は今でもこのアルバムの曲が好きだし、録音されたスタイルを超えて生き続けることができると信じている。しかしすべての曲をリミックスするというアイデアには抵抗しづらい。当時は分厚い音作りが相応しいように思えたが、長い年月を経た今、僕はそうした音作りからいくつかの曲を解放したいと考えている」

今回のリミックスプロジェクトについて、ダーニ・ハリスンは次のように述べています。

「2020年に父の伝説的なアルバム『All Things Must Pass』のタイトルトラックの50周年記念ステレオミックスがリリースされて以来、親愛なる友人のポール・ヒックスと私は、山のようなテープを掘り起こして復元し、新たにリミックスされた拡大版のアルバムを発表してきました。このレコードをよりクリアな音にすることは、父の願いの一つであり、2001年に父が亡くなるまで、一緒に取り組んできました。20年後の今、新しい技術とポール・ヒックスの多大な努力により、この願いを実現し、おそらく父の最高傑作であるこの50周年記念の特別なリリースを皆様にお届けします。すべての願いは叶えられます」

Written by Paul Sexton



ジョージ・ハリスン『All Things Must Pass』50周年記念盤
2021年8月6日配信

「スーパー・デラックス・エディション(5CD + 1ブルーレイオーディオ)」
「3CDデラックス・エディション」
「2CDエディション」
「スーパー・デラックス・LPエディション」
「Uber Deluxe Edition」




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss