(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

デイヴィッド・ギャレット、自身初のベスト盤『Unlimited』発売決定

Published on

非凡なヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレットが自身初のベスト盤『Unlimited』をポリドール/アイランド・レコードから10月26日にリリースすることを発表した。

全21曲(デラックス盤は全37曲)を収録した『Unlimited』では、5度のエコー賞クラシック部門と3度のエコー賞ポップ部門の受賞を誇るデイヴィッド・ギャレットが、コールドプレイの「Viva La Vida」、ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」、ジュリー・ロンドンの「Cry Me A River」、デヴィッド・ゲッタの「Dangerous」そして、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のテーマ曲の「He’s A Pirate」を含む、2007年からの大ヒット・カヴァー曲の数々が収録される。さらに、彼のキャリア10周年を記念してレコーディングされた6曲の新曲と共に、ファンの中で高い人気を誇る4曲(「Smooth Criminal」「Walk This Way」「Air」「Asturias」)のアコースティック・ヴァージョン、そして新たなアレンジが施された「Toccata」など、新曲や未発表曲も追加収録されている。

デイヴィッド・ギャレットはこれまでに、2007年から2017年の間にリリースされた10枚以上のアルバムでゴールドもしくはマルチ・プラチナム・ディスクを獲得し、全世界で数百万枚のレコード・セールスを記録している。そして何よりも、彼はジャンルの垣根を越えた恐れを知らない素晴らしい”クロスオーヴァー・アーティスト”としての名声を築き上げたのだった。

「僕にとって、ベスト盤というフォーマットに何か付加価値を付けることがとても重要だったのです。単に過去のヒット曲をまとめる代わりに、もっと突っ込んで、全くの新曲や過去の未発表楽曲をレコーディングして加えようと思ったんです。」とデイヴィッド・ギャレットは語っている。「このアルバムは僕にとってキャリア10周年を記念するものなので、とても意味深い作品なんです。そして当然、このアニバーサリーをファンの皆さんと一緒にお祝いしたかったですし、そもそもこの作品では、ファンの方々への感謝の気持ちを伝えたかったのです。これは、いつも誠実で、どんな時も人間として、ミュージシャンとしての僕のことを信じてくれている、ファンの皆さんに捧げる心からの感謝の気持ちなんです。だから僕にとって特別な意味のあるこの6曲の新曲は、僕なりの感謝の表現方法なんです」。

デイヴィッド・ギャレットが新録したカヴァーには、「Leningrad」(ビリー・ジョエル)、「The Show Must Go On」(クイーン)、「She’s Out Of My Life」(マイケル・ジャクソン)、「The Best Of Me」(デヴィッド・フォスター)、そして「Hey Jude」(ザ・ビートルズ)なども含まれている。また、マイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」の2018年アコースティック・ヴァージョンは、アルバム『Unlimited』の第一弾デジタル・シングルとして10月5日にリリースされる予定となっている。

デイヴィッド・ギャレットのステージを観たことのあるファンは、彼のライヴが放つ素晴らしいエネルギーを知っているだろう。彼のライヴ・パフォーマンスでは、その演奏が楽曲が持つポテンシャルを如実にする。実際に、新たにレコーディングされた4曲のアコースティック・ヴァージョンでは、その作品に相応しい間合いが考慮されている。「これらの楽曲は、僕がライヴで演奏すると、圧倒的で、ポジティブな、素晴らしいリアクションを得ることできるものなので、その感情をそのままこのアンプラグド・ヴァージョンで表現したかったんです」と、38歳のパフォーマーは語る。

「僕にとって、夜な夜な僕の音楽への熱意と愛を共有できること以上に幸せなことはないんです。バンドと一緒に演奏して、この感情を観客の皆さんと共有する。僕は人々に幸せを感じてもらいたいし、その場だけでも全てを忘れさせてあげたい。何故なら、人々の人生に喜びを与えられるって最も素晴らしい才能だと思うんです」

アルバム『Unlimited』は、過去の思い出を遡るのと同時に、これからの未来を初めて垣間見るような作品である。「僕はこれからも未開の地を切り開き、音楽の限界を越えて、自分自身を表現し続けていきたいので、将来が楽しみなんです。一生懸命に働くことで結果と出せると信じています。我が身を委ねて、展望を信じていれば、人生で多くのことを達成できるということを学んできました」と締め括りながら、最後に、自身の成功が数年前の彼にそのことを証明してくれたと言い添えた。「とは言え、僕はこんなキャリアを夢にも思っていなかったんです」。

デイヴィッド・ギャレットはこのベスト盤『Unlimited』を引っ提げて、2019年5月からヨーロッパ・ツアーをスタートする予定となっている。詳しい情報はアーティストの公式サイトでご覧いただける。

デイヴィッド・ギャレット『Unlimited』のトラックリストは下記の通り:

CD1:
Smooth Criminal (Acoustic Version 2018)
He’s A Pirate (“Pirates Of The Caribbean”)
Leningrad (2018)
Walk This Way (Acoustic Version 2018)
The Show Must Go On (2018)
Air (Acoustic Version 2018)
The 5th
Asturias (Acoustic Version 2018)
Musica É (2018)
Viva La Vida
Toccata (New Arrangement 2018)
Nothing Else Matters
Smells Like Teen Spirit
She’s Out Of My Life (2018)
Summer
Cry Me A River
Kashmir
The Best Of Me (2018)
Dangerous (with the Royal Philharmonic Orchestra & Franck van der Hejden)
Purple Rain
Hey Jude’ (2018)

CD2 (Deluxe Edition Only)
Bitter Sweet Symphony
November Rain
Bolero
Duel Guitar Vs. Violin
Hungarian Dance No. 5
Summertime
The 5th (Ben Preston Remix)
Little Wing
Zorba’s Dance
Ain’t No Sunshine
Ma Dove Sei (with Andrea Bocelli)
I Have A Dream
Explosive (with the Royal Philharmonic Orchestra & Franck van der Hejden)
Por Una Cabeza (with Martynas)
Ode To Joy (with Katherine Jenkins)
Io Ti Penso Amore (with Nicole Scherzinger)

Written by Tim Peacock


デヴィッド・ギャレット『Unlimited』


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss