デヴィッド・ボウイ「Starman」歌詞の原本がオークションに

10月 25, 2017


デヴィッド・ボウイ「Starman」歌詞の原本がオークションに

デヴィッド・ボウイの1972年の伝説的ヒット作「Starman」の歌詞の原本がロサンゼルスでオークションにかけられることになった。1ページに歌詞がフィーチャーされたこの品は、アメリカのオークション・ハウスのジュリアンズ・オークションによって、オークションに掛けられ、£3,000~£4,500(45万円~60万円)の間で落札されると予想されている。オークションは11月4日に開催される。

デヴィッド・ボウイによる署名がないにもかかわらず、鑑定書がついており、ページの上部には、アンダーラインがひいてあり、ブロック体の大文字でかかれた「Starman」のタイトルがフィーチャーされている。

Original Starman Lyric Sheet

デヴィッド・ボウイの「Starman」歌詞原本

歌詞は、原本と実際に歌われているものとで大部分が同じであるが、サビの部分で微妙な変更がある。原本では、 “Some cat was layin’ down some rock ‘n’ roll, ‘lotta soul, he said”とあるが、『Ziggy Stardust』が1972年にリリースされたときには、歌詞が“Some cat was layin’ down some get it on rock ‘n’ roll, he said”となっている。

他の人目をひく変更は、同じサビのなかで、“Came back on a wave of phase” となっていたものが最終的に、“Came back like a slow voice on a wave of phase haze”に変えられている。

「Starman」は『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars(邦題:ジギー・スターダスト)』からの1stシングルである。全英チャートでTOP10入りを果たし、その後、デヴィッド・ボウイのアイコニックな楽曲のひとつとなった。珍しいことに、この曲は最終段階でアルバムに収録されることになったそうだ。RCAのデニス・カッツがデモを聴いてこの楽曲を気に入り、素晴らしいシングルになると感じ収録を強く勧めたのだ。そして、当初アルバムに収録を予定していたチャック・ベリーの「Round and Round」のカバーに替えて収録となった。

『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars』からの楽曲の思い出深いパフォーマンスは彼が世界的に有名になる以前、1972年7月に出演した『Top Of The Pops』だろう。これによって、デヴィッド・ボウイのジギー・スターダストのペルソナが国民の意識に刷り込まれ、「Starman」をTOP20内に、アルバム『The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mar』を5位に押し上げた。

Written by Tim Peacock


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です