ブライアン・メイがアナグマ保護運動のチャリティーにギターを出品

8月 24, 2017


ブライアン・メイがアナグマ保護運動のチャリティーにギターを出品

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイはこの週末、アナグマ(badger)保護運動のチャリティーの支援のために、Badgerブランドのギター11本をオークションに出品すると発表した。著名なギタリストであり、天体物理学者でもある彼は、イギリスで牛の結核菌感染を防止するために計画され議論になっているアナグマ駆除への反対運動を行ってきた。(*イギリスの環境・食糧・農村地域省が畜産牛の結核菌感染拡大対策の一環として5,000匹のアナグマの殺処分を発表したが、動物愛護団体等がこれに反発。イギリス政府は独立調査委員会を設立し調査を行ったところ5,000匹の殺処分は牛結核感染阻止に効果がないという結果が出ている)

英国の動物福祉チャリティ団体の英国動物虐待防止協会(RSPCA)の副会長に2012年9月に任命され、動物愛護運動の積極的支持者としてブライアン・メイはアナグマ駆除の問題にたびたび声を上げている。2010年にはアナグマの取り扱いに加えて、キツネの狩猟に関しても、そしてすべての動物を残虐的であり屈辱的で不必要な処遇から保護することを目的として団体Save Me Trustを設立した。

伝説的バンド、クイーンのギタリストはeBayにてカスタム・ギターを提供するために、ギター職人のマーク・バジャーと、Red Badgerレコードの創設者であるフィリップ・ホワイトと協力している。

ブライアン・メイが設立したSave Me Trustの広報担当者、アン・ブラマーはこうコメントしている。「この団体の中心的な仕事は、アナグマ駆除を中止させ、狩猟法を遵守させより厳しくすることにあります。アナグマを殺すことは決して牛の結核を止めることに繋がらないことは科学的にはっきりと示されています。Save Me Trustでは、この深刻な病気に対する解決法を見つけるための協力しながら活動することも目指しています」。

マーク・バジャーは言った。「これから数週間かけて行われるオークションやこれにまつわる記事を通じて、過去数年の間に行われていたすべての残酷で愚かな行為について、多くの人々が目を覚まし、意識を持つようになってくれることを願います」。

フィリップ・ホワイトはこう付け加えた。「私はチャリティー活動を次の段階に進めたいといつも思っていました。今回が様々なプロジェクトの第一歩となり、アナグマが守られることを期待しています」。

オークションで得た資金はアナグマ駆除問題に取り組むグループの活動費にあてられる。eBayオークションは2017年8月26日から9月5日の期間、毎日正午に開始され、各オークションは24時間開催される。

Written by Tim Peacock


ブライアン・メイは過去にはアナグマ殺処分反対のために「Badger Swagger」という曲にギターで参加。この曲にはブライアンの他にも、スラッシュ(ギター)、マッシヴ・アタックとの活動で知られるシャラ・ネルソン(ヴォーカル)、ブライアンとはライブで共演もしたケリー・エリス(ヴォーカル)、イギリスの動物学者デイビッド・アッテンボロー(語り)、俳優でラッパーのソニー・グリーン(ラップ)、サム・アンド・ザ・ウォン(管楽器)が参加しています。


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です