ボブ・マーリー「No Woman, No Cry」の新MVが公開。現代社会での家族が直面している苦しみも描く

Published on

Photo: Dennis Morris copyright fifty-Six Hope Road Music

7月1日の「インターナショナル・レゲエ・デー」を祝し、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ (Bob Marley & The Wailers)の名曲 「No Woman, No Cry」のオフィシャル・ミュージック・ビデオが公開された。

このビデオはクリスティアン・メルカード・フィゲロアが監督を務めており、撮影はジャマイカとニューヨーク・シティで行われた。この映像作品は、とある家族をふたつのストーリーによって描き出したものになっており、母親は、故国ジャマイカで子育てに奮闘する一方、父親は家計を支えるためにニューヨーク・シティに渡り、たったひとりでタクシー運転手として休むことなく働いている。家族や絆の大切さに焦点を当てるとともに、現代社会で多くの家族が直面している苦しみも正面から描き出したものになっている。

<関連記事>
ボブ・マーリー、歌詞にこめられた普遍的な名言9選
ボブ・マーリーのベスト・ソング20曲

 

また、ボブ・マーリーの公式YouTubeチャンネルでは、7月3日に「Lively Up Yourself」の新作ミュージック・ビデオも公開予定となっており、4Kで制作されたこのビデオは、全盛期のボブ・マーリーの姿が描き出される。

このように映像作品が続々公開されているボブ・マーリーだが、7月24日には、世界でも有数のベストセラー・アルバム『Legend』がピクチャー・ディスク仕様の限定盤LPとしてリイシューされる(輸入盤のみ)。

「One Love/People Get Ready」「Get Up, Stand Up」「Is This Love」「Jammin’」「Could You Be Loved」「Three Little Birds」といった人々の記憶に残る有名曲の数々に加え、8曲の名曲を収録したこのアルバムは、ボブ・マーリー生誕75周年記念キャンペーンの一環として再発される。今回の限定版ピクチャー・ディスクは、A面にあの有名なジャケット写真、B面にこれまで未発表だったボブの貴重な写真をあしらったデザインになっている。

また6月26日には、6曲入りEP『Why Should I /Exodus』がリリースされており、「Exodus」の12インチ・エクステンディッド・ヴァージョン、ダブ・ヴァージョン、他のレコードでは聞けないスペシャル・ミックス・ヴァージョンが収録されている。



ボブ・マーリー『Why Should I /Exodus』
2020年6月26日配信
iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music


ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ SHM-CD/紙ジャケット全11タイトル
2020年6月24日発売

【Amazon.co.jp】特典:メガジャケ(サイズ24㎝×24㎝)

【楽天ブックス】特典:缶バッジ(直径57mm)



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version