ボブ・マーリー「Redemption Song」新MVの制作背景に迫るメイキング映像公開

Published on

ボブ・マーリーの遺族とユニバーサル ミュージック エンタープライズ、アイランド・レコードが、ボブ・マーリーの伝説的名曲「Redemption Song」の新たなミュージック・ビデオとその制作背景に迫るメイキング映像を公開した。下記よりご覧いただける。

 

新たな「Redemption Song」のミュージック・ビデオは、今年1年を通して開催されるボブ・マーリーの生誕75周年記念企画<MARLEY75>の一環で、先日2月5日にボブ・マーリーの公式YouTubeチャンネルで公開されていた。

フランス人アーティスト、オクターヴ・マルサルとテオ・デ・グエルツが共作した同ビデオは、時代を超越したこの名曲のリリックの偉大さ、そして今日の世界における重要性を象徴するパワフルなシンボルをテーマにした2,747のオリジナル・ドローイングから構成された、息をのむようなアニメーション作品に仕上がっている。この新たな「Redemption Song」のミュージック・ビデオは、全人類の希望と復興の表明であると共に、黒人文明の啓蒙のためにボブ・マーリーが果たした貢献に光を当てている。

 

ボブ・マーリーの生誕75周年を祝う<MARLEY75>は、今年1年を通して、音楽、ファッション、アート、写真、テクノロジー、スポーツや映画といった様々なジャンルで展開され、今後も伝説的アーティスト、ボブ・マーリーの遺族が管理するアーカイヴから新たなコンテンツが、愛情溢れる革新的なかたちで公開されていく。またYouTubeとも連携をはかり、新たな映像コンテンツが順次公開される予定だ。

<MARLEY75>は、今年5月に米カリフォルニアで3日間にわたって開催され、ジギー・マーリーとスティーヴン・マーリーがヘッドライナーとして父・ボブ・マーリーの名曲のスペシャル・パフォーマンスを披露する<BeachLife Festival>から幕開けする。

このデジタル時代において、ボブ・マーリーはソーシャルメディア上で死後に開設されたアカウントとしては最もフォロワーの多いアーティストの1人である。今年開催される<MARLEY75>を通して、彼が遺した音楽とメッセージが、デジタル最前線の革新的なコンテンツと画期的なテクノロジーによって新たなオーディエンスへと伝えられ、様々な視点で解釈されていくことになりそうだ。 今年のアニバーサリー企画のために、記念ライヴ・イベントや展覧会の開催に加え、デジタル・フィジカルでの限定商品のリリース、新たに発掘された貴重な資料の公開など、様々なイベントが予定されている。

ボブ・マーリーの公式YouTubeチャンネルに登録すると、今後公開されていく生誕75周年の記念映像をタイムリーに視聴することができる。<MARLEY75>企画のさらなる詳細は近日発表される予定だ。

Written By Tim Peacock




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version