(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

Apple Music、ドルビーアトモスによる空間オーディオとロスレスオーディオの提供を開始

Published on

2021年6月8日、Apple Musicがドルビーアトモスによる空間オーディオロスレスオーディオの提供を開始した。サブスクリプションの登録者は追加費用なく、新次元のサウンドを楽しむことができる。

今回Appleは、「空間オーディオは、モノラルからステレオへと進化してきた録音技術の、まさに次のステージです。音楽があなたを包み込み、頭上を含むあらゆる方向から聞こえてきます。これはサウンドの未来であり、音楽の聴き方やアーティストの創作活動に革命を起こす、実に大きな飛躍なのです」と声明を発表。

本日より、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は世界のアーティストや様々なジャンルから、何千もの楽曲を空間オーディオで楽しむことができるようになった。空間オーディオに対応するアルバムは詳細ページにバッジが表示されるので、簡単に見つけることができる。あわせて、「空間オーディオのご紹介」というマーヴィン・ゲイの名曲「What’s Going On」のモノラル、ステレオ、そして空間オーディオの音源を聴き比べるオーディオガイドも公開となった。

<関連記事>
オリヴィア・ロドリゴがApple Musicで語った影響を受けた音楽や親との関係
1971年に生まれた名作を描くドキュメンタリーがApple TV+で5/28から配信
ビリー・アイリッシュ、Apple Musicの番組で紹介した曲と語ったこと

空間オーディオのプレイリスト

また、Apple Musicのエディターが厳選した空間オーディオのためのプレイリストも公開された。これらのプレイリストは、ロックからヒップホップ、ジャズ、クラシック、ラテン、ポップまで、空間オーディオで制作された新しい音楽から、空間オーディオにリミックスまたはリマスターされた過去の名曲まで幅広いラインナップが網羅されている。

ザ・ウィークエンド、アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバー、ザ・ローリング・ストーンズなど、ドルビーアトモスによる空間オーディオの魔法を存分に味わえる楽曲の数々を集めたプレイリスト「空間オーディオの世界」。

ビリー・アイリッシュ、ジャクソン5、コールドプレイ、サム・スミスなどの輝かしいヒット曲の数々を、これまで体験したことのないサウンドで楽しむことができるプレイリスト「空間オーディオ:ヒッツ」。

ビートルズ、プリンス&ザ・レヴォリューション、イーグルス、ガンズ・アンド・ローゼズなどの楽曲を集めた、まるで伝説的なスタジオやステージ上で、バンドの演奏を浴びるような臨場感を味わうことができるプレイリスト「空間オーディオ:ロック」。

マルーン5、Cardi B、レディー・ガガ、セレーナ・ゴメスなど、ダンスフロアの真ん中で、ポップソングのきらめく光を浴びるような体験ができるプレイリスト「空間オーディオ:ポップ」。

リル・ベイビー、カニエ・ウェスト、ミーゴス、ポスト・マローン、ジェイ・Zなど、サンプリングにビート、MCのラップが迫り来る楽曲の中に踏み込むことができるプレイリスト「空間オーディオ:ヒップホップ」。

その他、「空間オーディオ:カントリー」、「空間オーディオ:ジャズ」、「空間オーディオ:クラシック」といったプレイリストが用意されている。全てを網羅した特集ページ「ドルビーアトモスの空間オーディオ」はこちら

特集ページ「ドルビーアトモスの空間オーディオ」には、「注目のプレイリスト」「新着ミュージック」「ベストニューソング」「注目のアルバム」「ポップ」「ヒップホップ」「カントリー」「ダンス&エレクトロニック」「ロック&オルタナティブ」「クラシック」「ジャズ」「R&B」「ラテン」などのカテゴリーが設けられている。今後もニューリリースや人気のカタログ作品を追加される予定だ。

Apple Musicの空間オーディオはH1チップまたはW1チップを搭載したすべてのAirPod®sとBeatsのヘッドフォン、および最新バージョンのiPhone®、iPad®、Mac®の内蔵スピーカーで、ドルビーアトモス対応の曲を自動的に再生する。Androidのデバイスにも間もなく登場する予定だ。

また本日より、Apple Musicで7,500万を超える曲のカタログがロスレスオーディオで利用できるようになった。Appleはすべての音源ファイルの保存にALAC(Apple Lossless Audio Codec)を使用。つまり、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、アーティストがスタジオで制作したのとまったく同じものを聴くことができるようになるのだ。

ロスレスオーディオでの視聴を始めるには、Apple Musicの最新バージョンを使用しているサブスクリプションの登録者は、「設定」>「ミュージック」>「オーディオの質」でオンにできます。ここで、モバイル通信、Wi-Fiなどのさまざまな接続方法、またはダウンロード用に、さまざまなレゾリューションを選択できる。

Written by uDiscover Team



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss