(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

プロフェッサー・ロングヘアのライヴ盤が再発決定。ポール&リンダ・マッカートニー夫妻の招待を受けて披露した演奏を収録

Published on

ポール、リンダのマッカートニー夫妻とウイングスの面々は、グループのアルバム『Venus And Mars』のリリースを記念したパーティを開催。これに招かれたプロフェッサー・ロングヘアが、そのパーティで披露したライヴ・パフォーマンスの模様を収録したライヴ・アルバムが今回リイシューされる『Live on the Queen Mary』で、オリジナル・リリースは1978年。ハーヴェスト・レコードから発売された。

船上パーティが開催され、『Live on the Queen Mary』に纏められているライヴ音源がレコーディングされたのは、1975年3月24日のこと(なお、”船上パーティ”には違いなかったものの、このとき、会場になったクイーン・メリー号はカリフォルニアのロング・ビーチの港に停泊中だった)。ここでプロフェッサー・ロングヘアは「Stagger Lee」「Everyday I Have the Blues」、「I’m Movin’ On」といったお馴染みのスタンダード・ナンバーに加え、陽気な「Mess Around」や自身のヒット曲「Mardi Gras in New Orleans」などを取り上げている。「Tipitina」も、このアルバムのハイライトの一つに数えられるトラックで、ヒュー・ローリーはこれを以下のような言葉で称賛している。

「ここで聴ける『Tipitina』のライヴ・ヴァージョンの魅力的なことといったら……もしもこの1曲しか収録されていなかったとしても、このレコードはそれだけで値段など付けられない宝物になり得る」。

ニュー・オーリンズを代表するブルース・シンガー兼ピアニストとして知られるプロフェッサー・ロングヘアことヘンリー・ローランド・”ロイ”・バード(1918年12月19日の生まれ。1980年1月30日に死没)は、リズム&ブルースの最盛期に活躍。やがてその活動は停滞を強いられるも、トラッド・ジャズ再発見の気運に押され、一線に返り咲き、同じころ始まった”New Orleans Jazz and Heritage Festival”等にも出演。多忙なキャリアを歩んだ。ルンバ、マンボ、カリプソの要素を取り入れたブルース・ピアニスト、プロフェッサー・ロングヘアの影響力は絶大で、ファッツ・ドミノ、アレン・トゥーサン、ドクター・ジョンら、ニュー・オーリンズの伝説的なミュージシャンがその音楽の虜になり、感化された。


プロフェッサー・ロングヘア『Live On The Queen Mary』
2019年4月5日発売

CD / 1LP / 1LP DELUXE + 7” SINGLE / iTunes


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss