(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ディープ・パープルのイアン・ギラン、売れない時代は犬用ビスケットを食べていたことを明かす

Published on

Photo: Daniel Knighton/Getty Images

ディープ・パープル(Deep Purple)のヴォーカル、イアン・ギランが英Mojo誌の最新インタビューの中で、ロックスターになるまでの険しい道のりを振り返り、初期の頃は、「近所のペットショップで買った犬用ビスケットで食事を補っていた」ことを明かしている。

ディープ・パープルは、この何十年もの間、アイコニックなバンドであり続け、その先駆的なハードロックの轟音によって崇拝されてきた。また、「Smoke on the Water」「Highway Star」「Woman from Tokyo」「Space Truckin’」といったバンド黄金期の名曲から 「Knockin’ at Your Backdoor」などの後期のヒット曲まで、彼らのすべての代表曲において、イアン・ギランの成層圏に届くほどのシャウトは欠かせない要素となっている。

<関連記事>
1972年夏の熱狂『Made In Japan / ライヴ・イン・ジャパン』
ディープ・パープル『Perfect Strangers』解説:第二期メンバーの再結成アルバム

Deep Purple – Knocking At Your Back Door (Official Video)

もしロックンロールのラシュモア山があるとしたら、そこにディープ・パープルのメンバーの姿が刻まれることは間違いないだろう(実際に1970年のアルバム『In Rock』はラッシュモア山がモチーフ)。しかし、イアン・ギランが前述のインタビューで語っているように、彼らのキャリアが常に順風満帆だったわけではない。実際、彼はバンドの初代シンガーではなく、バンド初期のサウンドは彼らを有名にした楽曲とはかけ離れていた。

アルバム『In Rock』

ロッド・エヴァンスをヴォーカルに迎え60年代後半にスタートしたディープ・パープルの当時の音楽性は、ヴァニラ・ファッジのようなサイケデリック・ロックに近いものだった。彼らの最初のヒットは、ジョー・サウスの1968年の楽曲「Hush」のカヴァーで、全米シングル・チャートで4位を記録。

Deep Purple – Hush (Official Video)

1970年に発表した4作目のアルバム『Deep Purple in Rock』からイアン・ギランがバンドに加入し、現在我々が知っているクラシック・パープルのラインナップが確固たるものとなったが、それでも彼らがが今日のようなスーパースターの地位を獲得するまでには、2、3年の歳月を要した。

イアン・ギランは同インタビューの中で、ディープ・パープルでの初期の苦労をこう振り返っている。

「逆境も楽しみのうち。当時はそんな風に思えなくても、そうなんだ。ただそうだったにしても、無鉄砲だったあの頃のひどい食生活はやめた方がよかったとは思っているよ」

Written By Jim Allen




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss