Nasが『King’s Disease』シリーズの3作目らしきジャケット写真を公開し、ニューアルバムを予告

Published on

Nas - Photo: Daniel Knighton/Getty Images

ラップ界のレジェンド、Nas(ナズ)が、ニュー・アルバムのジャケット写真らしきものを自身のソーシャルメディア上で公開した。

発売日と思われる「11•11」と書かれたその画像には、赤い背景に「KD3」の文字が刻まれた3本のゴールドバーが縦に並べられており、これは彼のアルバム・シリーズ『King’s Disease』からの3作目を意味しているものと推測される。

<関連記事>
ヒップホップの20曲:70年代から続くジャンルの道しるべ
【特集】ヒップホップ・ゴールデン・エイジ
「Black Lives Matter 2020」:繰り返される人種問題と抗議運動
ヒップホップと政治問題の歴史:グランドマスターからケンドリックまで


Nasは2021年のクリスマスイブに、9曲入りのニュー・アルバム『MAGIC』をリリースすることを発売の数時間前にサプライズ発表していた。『MAGIC』は、2020年の『King’s Disease』の続編作として、2021年8月にリリースされた『King’s Disease II』に続く、Nasにとって同年2作目のニュー・アルバムとなった。当時彼は、「“MAGIC”がリリースになる。東部時間の真夜中に新作が聴ける」と自身のインスタグラムで突如予告し、ジャケット写真と裏面ジャケットを公開していた。

Nasは以前、『King’s Disease II』のリリース直後に、彼が“クインシー・ジョーンズ”と呼んでいるヒット・ボーイとのサード・アルバムを作る可能性について、再びコラボレーションをする予定はまだないものの、時期やアイデアが合えばなくはないと語っていた。

「もし次の作品でヒット・ボーイと一緒に仕事をするとしたら、何かマジカルなものが出来上がる気がするよ。俺たちは魔法を持っていると思うんだ。そして、次の作品は、進化しなければならないと思う。その可能性こそが、俺をワクワクさせるんだ。もしもう一度一緒にやるなら、その考えにはワクワクするけど、今はこの作品を祝っているんだ」

2人は、Nasが自身の作詞・作曲・レコーディングのクリエイティブなプロセスを教えるMasterClassの特別授業の予告編としてリリースされたシングル「Big Nas」でもコラボレーションしていた。

アルバム『King’s Disease』は、2021年のグラミー賞で“最優秀ラップ・アルバム”を受賞しており、続く『King’s Disease II』は、2022年のグラミー賞で“最優秀ラップ・アルバム”に、収録曲「Bath Salts」は最優秀ラップ・ソングにそれぞれノミネートされている。

Written By Will Schube




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version