(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

コモン、3年ぶりのアルバム『Let Love』発売決定、新曲「Hercules feat. Swizz Beatz」配信&MV公開

Published on

アメリカのエンターテイメント界で数少ないアカデミー賞、グラミー賞、ゴールデングローブ賞、エミー賞全てを受賞しているラッパー、コモンが3年ぶりで通算12枚目のアルバム『Let Love』を2019年8月30日にリリースすること発表した(日本盤CDは9月4日発売)。プリオーダーもスタートし、収録曲の「Hercules feat. Swizz Beatz」の先行配信がスタートし、あわせてMVも公開になった。

ミュージック・ビデオでは、コモンがiPhoneに向かってラップする間に、監視カメラに引っかかったコンビニ強盗を阻止する といった内容でラッパーのヴィンス・ステイプルズがレジ係としてカメオ出演している。

Common – Hercules ft. Swizz Beatz (Official Music Video)

 

今回のアルバムは、2016年にリリースされたアメリカ国内のおける黒人による黒人差別や犯罪、ギャングなどの問題を掲げたアルバム『Black America Again』以来3年ぶりとなる作品で、今年5月に出版された自身の著書“Let Love Have The Last Word”からも多大なインスパイアを受けた作品。

プロデュースを手掛けるのは、コモンがカリーム・リギンスとロバート・グラスパーと結成したグループであるオーガスト・グリーンのカリーム、そしてオーガスト・グリーンに参加していたバーニス・トラヴィスとサモラ・ピンダーヒューズ。フィーチャリング・アーティストには、ダニエル・シーザー、ジル・スコット、レオン・ブリッジス、スウィズ・ビーツ、BJ・ザ・シカゴ・キッド、ドゥウェレイ、A-トラックといったラインナップとなっている。

コモン自身による本作品『Let Love』に関するコメントも届いている。
「音楽は、私の想像をはるかに超えた次元で自分自身を表現する方法を私に与えてくれました。曲を書く過程で、私は自分のことを知り、日常の生活では言えないようなことを表現します。創造の海に飛び込むことで神とつながり、自由を得、本当の自分に導かれるのです。このアルバムは、私がこれまで書いたことのないことについて書くための道を与えてくれた5月に出版した著書“ Let Love Have The Last Word” にインスパイアされたものです。そのことが、私をより深くに行くことを余儀なくさせました。その本の中で、私はとても多くのことを打ち明けてしまったため、音楽の中で、生の、個人的な、さらに精神的な場所に行かなくてはならなくなったのです。

制作面では、音楽には深さ、魂(ソウル)、そして次元 が必要だということを知っていました。私はミュージシャンシップとライヴ・ミュージックが私たちにもたらすものの精神を望みましたが、そのためには粋でしっかりした基盤が何か必要でした。だからこそ、私はカリーム・リギンズ、サモラ・ピンダーヒューズ、そしてバーニス・トラヴィスに参加してもらうように依頼しました。私は彼らがギャング・スターからレディオヘッドまで行く歓声と才能を持っていて、 なじみのあるソウルとサウンドを保ちながら新しいものを創ることができることを知っていました。

新しいと言えば、このアルバムを制作するにあたって、久しく感じていなかった新しさがありました。 これはおそらくこれが、私の人生における真実であり、最も脆弱だと感じているからでしょう。だからこそ、新しい私は新しいことについて書くこともできたのだと思います。もしくは、音楽以外のアートにおけるアーティストとしての様々な経験により、自分の音楽へのアプローチの新しい視点と方法を持てたのかもしれません。もしくは、カリーム、サモラとバーニスがとても新鮮なサウンドを作ってくれたおかげで私を新たなステージに連れていってくれたのか、私がただ音楽を死ぬほど愛しているからなのか。

そして、『Let Love』では、このようなリコミット、生まれ変わり、再愛することが一言で言うならば実を結ぶようになったのです。音楽は、私のクリエイティヴな生活の起源であり、自分自身のすべてを再び音楽に捧げることで、自分は満たされ、なんと表現していいか分からないほどの素晴らしさ、喜びを超えるものを感じています。私のチームは、“あなたは本を中心にした音楽活動をすべきです”と言いますが、私は本からそのエネルギーだけを取り出し、他のことには一切とらわれずに、自分の芸術性に集中して取り組みました。映画やコマーシャルやパーティ(もともとそんなに行きませんが)にも出ずに、音楽だけに取り組んだのです。ですから、このアルバムはこの旅の頂点なのです。神が私たちに与えてくれた最も素晴らしい贈りもの=音楽 への私の情熱、神聖な愛の集大成なのです」


コモン『Let Love』
2019年8月30日発売
(日本盤CDは9月4日発売)
CD / iTunes



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss