(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

メアリー. J・ブライジとNASが「No More Drama」を彷彿とさせる新たなコラボ曲「Thriving」を発表

Published on

この夏ジョイント・ツアーを開催するメアリー. J・ブライジNASが新たなコラボ曲「Thriving」を発表し、エブロ・ダーデンがホストを務めるApple Musicのラジオ番組Beats 1で解禁された。

ヒップ・ホップ・ソウルの女王は、この新曲で自身の力強いアンセム「No More Drama」を彷彿とさせる2000年代初期のヒップ・ホップのビートへと立ち戻っている。

Thriving

Thriving

 

「私にはやるべきことがあるの、プレッシャーなんてない
自分の殻から抜け出して、もう落ちぶれてる自分を見るのは飽き飽きしたから」
「生き残ろうとしているだけじゃない、成功を手にするんだ」

メアリー. J・ブライジはDJ Envyのビートに乗せてこう歌っている。

新曲公開に先立って、メアリー. J・ブライジは今は亡き偉大な詩人、マヤ・アンジェロウの言葉を自身のインスタグラムで公開し、この新曲を仄めかしていた。

「私の人生における使命は、生き残るだけではなく成功を手にすること。幾分かの情熱と、思いやりと、ユーモアと、それからこだわりを持って自らの使命を全うするのです」。

この曲にゲスト参加しているNASはメアリー. J・ブライジに共鳴し、こう呼び掛ける。

「自分の人生を愛するんだ、王冠をまっすぐと正すんだ」。

Beats 1のエブロ・ダーデンの番組に出演した彼女は、新曲を紹介しつつ、NASとのジョイント・ツアー開催に至った経緯について語った。

「大晦日にNASとパフ・ダディーと遊んでて、その翌日か、もしかしたら2日後くらいだったかもしれないけど、彼から“一緒にツアーをやらないか”ってメールがあったんです。私たちは二人とも1994年にアルバムを出していて、それぞれの作品が今年25周年を迎えるから辻褄が合うと思ったです」。

先月二人は、今年7月から始まる“The Royalty Tour”と題されたジョイント・ツアーを発表していた。新曲「Thriving」以外にも、二人は過去に、2013年のミュージカル・ドラマ『クリスマスの贈り物』サウンドトラックに収録された「Rise Up Shepherd and Follow」や、2012年のNasのアルバム『Life Is Good』に収録の「Reach Out」、そして最も有名な作品として、1997年のメアリー. J・ブライジの3作目のスタジオ・アルバム『Share My World』からジャム&ルイスがプロデュースを手掛けた「Love Is All We Need」など多くの楽曲でコラボしてきた。

多くのファンは、この曲が今後リリースされるメアリー. J・ブライジにとって2017年の『Strength Of A Woman』以来となるニュー・アルバムにも収録されるであろうと推測している。

Written By Laura Stavropoulos



メアリー・J.ブライジ「Thriving (feat. Nas)」

download_jtunes_link applemusic_1711_800_link spotify_logo_link


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss