(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

The 1975、4枚目のアルバムが発売決定。先行配信曲には16歳少女のスピーチを使用

Published on

Photo: Mara Palena: Courtesy of Universal Music Group

英・マンチェスター出身で、2019年8月には約3年ぶりとなる来日公演(サマーソニック)の出演が決まっている4人組バンドThe 1975が2020年2月に4枚目となるアルバム『Notes On A Conditional Form』を発売することを発表。アルバムからセルフ・タイトル「The 1975」の新曲を発表した。

The 1975 – The 1975

 

「The 1975」は5分弱の楽曲で、現在16歳のスウェーデン人環境保護活動家であるグレタ・トゥーンベリによるスピーチを主体としたものとなっている。その内容は、石油が世界中で日々1億バレル使用されていることを指摘し、「今こそ目覚めよ 反逆の時だ」と語りかけるもの。これまでThe 1975はリリースした全アルバムの1曲目に「The 1975」と題した楽曲を収録してきたが、これまでの「The 1975」は全て1分台のものだった。対して今回は5分弱もあり、初めてスピーチが収録されていることで、「ニュー・アルバムはこういった、現世に訴えかける内容に富んでいるのか?」などファンが様々な憶測を立て始めている。

フロントマンのマシュー・ヒーリーは、先日NMEの取材に対して「今作は前作アルバム『A Brief Inquiry Into Online Relationships』とつながったものや関連付けられるものではありません。これはまったく違う作品です。6か月以内に発生するs_tの量について考えてみてください。今作『Notes On A Conditional Form』は別のものであり、別の時となります」と語っている。


The 1975『Notes On A Conditional Form』
2020年2月21日発売
予約・配信はこちら



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss