(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

ボブ・マーリー『Burnin’/バーニン』

Bob Marley logo

BURNIN’/バーニン

 

1973年のミュージック・ビジネスは速いペースで展開していた。ザ・ウェイラーズが初のインターナショナル・アルバム『Catch A Fire』をリリースしたのが5月4日。それから6ヵ月も経たない10月19日に『Burnin’』がリリースされ、大きなレゲエの炎がさらに燃やされた。ここでもバンドはまだザ・ウェイラーズと名乗っており(*訳注:日本語表記はボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ)、ヴォーカルはボブ・マーリー、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラーの3人が務めていた。しかしバンドは、使命感を強めながら、その勢いを増していた。

『Catch A Fire』はヒットに至らなかったものの、流行の仕掛人や流行に敏感な人々からの反響は絶大だった。アイランド・レコード社長のクリス・ブラックウェルは、ジャマイカン・コミュニティ向けにジャマイカ人アーティストのレコードを車のトランクから手売りしてキャリアをスタートした人物だ。このマーケットに精通していたクリス・ブラックウェルには、何か大きなことが起こる予感があった。

『Catch A Fire』は、レゲエ・ミュージックが持つしなやかなリズムの魅力を世界に紹介しただけでなく、正義を求める貧しきものの叫びや、歴史的に疎外された人々の存在を全世界に警告した。『Burnin’』は全ての点でレヴェルを上げた。アルバム・タイトルに近い「Burnin’ And Lootin’」は、全面的な暴動を約束している。アストン・“ファミリー・マン”・バレットによる極めてメロディアスなベースラインと、弟のカールトン・バレットによるワン・ドロップのドラム・ビートを擁した同曲には、独特のグルーヴがあった。葬送行進曲と、終夜営業の潜りの酒場の間をさまようようなグルーヴだ。メロディは悲しげで、曲調は怒りと痛恨の念に満ちている。そしてボブ・マーリーは、同胞の窮状について思案している。「俺たちが手にしていたもの、俺たちは全て失ってしまったようだ」

一方、アルバム中で最も著名な「I Shot The Sheriff」は、後にアメリカのギャングスタ・ラップを定義づける残忍なストリートの物語の先駆けとなった。「俺が有罪なら、罪は償う」とボブ・マーリーは歌っているが、歌詞のストーリーを追えば、問題の警官による長年の虐待に誘発された正当防衛だったことは、疑いの余地もない。1974年にエリック・クラプトンが同曲をカヴァーし、アメリカで第1位(イギリスで第9位)の革新的ヒットを記録すると、レゲエ・ミュージックの世界的なイメージと状況は、一気に変化した。

前述の2曲だけで、『Burnin’』は深刻な社会的・文化的な懸念を真剣に表明したアルバムとなった。ジャマイカはその歴史の大半で農村経済だった。戦後、急速に地方からキングストンへ人口が流入したことで、場当たり的な成長と、首都の内部と周辺で極めて不平等に富が分配される時代が始まった。都市の広い地域がゲットーとなり、そこでは荒々しくも活発な音楽シーンの主要人物たちが、赤貧の人々と緩やかに組織された乱暴な犯罪者のギャングと交流していた。厳しくも先鋭的で、心豊かな環境が、ボブ・マーリー、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラーのソングライティングに極めて力強い下地を与えた。そしてそれがかつてないほど現れたのが、『Burnin’』である。

アルバムの1曲目「Get Up, Stand Up」は、民衆の力を歌う不朽のアンセムだ。世界中の公民権運動家が使った曲である。ボブ・マーリーとピーター・トッシュは、ハイチをツアー中に同曲を共作したと言われている。彼らはハイチでジャマイカよりも遥かに深刻な極貧状態を目の当たりにしたそうだ。興味深いことに、歌詞は宗教的な指導者たちを明確に批判している。彼らが「楽園がやって来る」という約束で煙幕を作っているために、苦しむ人々がこの地球上で人間としての権利を主張できずにいるという理由からだ。「説教者たちは、天国が大地の下にあると俺に語ることはない」とボブ・マーリーは明らかな軽蔑を含みながら歌っている。同曲は、その後ピーター・トッシュとバニー・ウェイラーのソロ・アルバムでも再レコーディングされた。また、ボブ・マーリーのキャリアが終わるまで、彼のレパートリーの中でも重要な曲であり続けた。そして、彼がステージで最後に歌った曲でもある(1980年9月のピッツバーグ公演)。

クリス・ブラックウェルに促され、ボブ・マーリーは『Burnin’』でもザ・ウェイラーズのヴォーカル/ソングライティングの中心人物として活躍した。『Catch A Fire』同様、ボブ・マーリーの作った楽曲がアルバム中の大半を占めたが、ピーター・トッシュとバニー・ウェイラーが『Burnin’』のリリース後にグループを脱退したのは、これが理由なのかもしれない。創設メンバーであるバニー・ウェイラーとピーター・トッシュは、初のアメリカ・ツアーで不満を募らせていた。バニー・ウェイラーはツアーを面倒だと感じており、バンドがジャマイカに戻ってからは、なかなかジャマイカから出ようとはしなかった。

イギリスとアメリカでは「新人」バンドだったザ・ウェイラーズだが、1963年からレコーディングを行っていたため、ジャマイカ以外ではほとんど知られていない曲を多数抱えていた。『Burnin’』中の数曲は、過去にリリースされた楽曲を再レコーディングしたものである。穏やかでスピリチュアルなグルーヴに「神よ、あなたに感謝します」というチャントが入った「Put It On」は、1965年にジャマイカのスタジオ・ワン・レーベルからシングルとしてリリースされた曲だ。ダンスホールDJたちが、リリカルなスタイルのチャンティングを“トースティング”と呼びはじめたのはこの頃だ。「Duppy Conqueror」と「Small Axe」の2曲も、ザ・ウェイラーズが過去に出した楽曲の新録である。(最終的にはアルバムに収録されなかった「Reincarnated Souls」、「No Sympathy」、「The Oppressed Song」は、2001年に“Definitive Remastered《決定版リマスター》”エディションのボーナス・トラックとして収録された)

この意味で、『Burnin’』はこの時点までのザ・ウェイラーズの進歩をまとめた作品とも言えるだろう。革命的な炎と情熱に溢れたこのアルバムは、ティーンエイジャーだったバニー・ウェイラー、ピーター・トッシュ、ボブ・マーリーが、トレンチタウンのストリートから身を起こし、世界的なスターダムへと駆け上がる直前までの旅路を抽出した最後の作品でもある。これ以降は、ボブ・マーリーがバンドを主導していくことになる。

David Sinclair

ボブ・マーリー アーティストページ

Bob Marley logo ボブ・マーリー アルバムストーリーに戻る

s

Bob Marley & The Wailers - Burnin

 btn_store download_jtunes spotify_logo

 

Bob Marley - Burnin

25/10/1973 Ticket (Supporting Sly Stone)

Bob Marley - Burnin

Burnin’ Label

Bob Marley - Burnin

BBC Studios, London, 1973
Adrian Boot, Fifty-Six Hope Road Music, Ltd

 

 

 

名盤『EXODUS』アニバーサリー・エディション 2017年6月16日発売決定!

 

Bob Marley - Catch A Fire

エクソダス40[SHM-CD]

パンクで揺れる激動のロンドンで録音された後期の重要アルバムにして、アイランド第6作。
1999年にタイム誌により、「20世紀最高の音楽アルバム (the best music album of the 20th century)」に選ばれた本作が40周年を迎える今年6月に3枚組豪華エディションで登場!!
オリジナル・ヴァージョンに加え、長男のジギィ・マーリーがセッション・テープを丹念に精査、これまで使われてこなかったヴォーカルや演奏、聴いたことのない歌詞を含めて再構築した”エクソダス40″をDisc 2に、更には7曲の未発表トラックを含む1977年6月1~4日のロンドン・レインボー・シアターでのエクソダス・ライヴをDisc3に収録。

Buy Now download_jtunes spotify_logo

 
Bob Marley - Catch A Fire

 
 
Exodus[輸入盤][UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤][Gold Vinyl][40th Anniversary Limited Edition] 【アナログ】

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの名盤『EXODUS』のリリースから40年を数える2017年、これを記念したアニバーサリー・エディションが、マーリー・ファミリーの全面協力の下で発売!『エクソダス』オリジナル盤のゴールド・カラー・ディスク仕様の限定盤LP!


 
 
 
575-9153

Exodus 40【輸入盤】【Super Deluxe Edition】 【アナログ】 2017年7月14日発売

タイム誌により「20世紀のベスト・アルバム」と称された1977年発売のBob Marleyの名盤「EXODUS」の40周年記念盤。
BOB MARLEYの息子 ZIGGY MARLEYT が父親に愛を込めて、EXODUS Sessionの貴重な未発表ヴォーカル、未発表演奏パーツ等を発掘し、これを新演奏と組み合わせ再編成し全く新しいEXODUSをつくり上げた。オリジナル盤のリマスター盤にこのZiGGYによる再編成盤が加えられる。
Super Deluxe Edition (4LP + 2Single Set)には3CDと同内容のLPがVinyl Disc3枚に収録 + Punyky Reggae PartyのLP + 7インチ(17センチ)SINGLE 2枚が入った豪華BOX SET!