(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical News

グスターボ・ドゥダメル&ロサンゼルス・フィルハーモニック『アイヴズ:交響曲全集』を配信決定

Published on

グスターボ・ドゥダメル指揮、ロサンゼルス・フィルハーモニック演奏による『アイヴズ:交響曲全曲集』(原題:Charles Ives Complete Symphonies)がドイツ・グラモフォンから2020年8月28日にデジタル・リリースすることが決定した。

<関連記事>
1曲8時間のマックス・リヒターの傑作「Sleep」の素晴らしさ
映画音楽の“マエストロ” エンニオ・モリコーネが91歳で逝去

Ives: Symphony No. 2 – III. Adagio cantabile

チャールズ・アイヴズは生粋のアメリカ人であり、時代に先駆けて、伝統的なクラシック音楽形式の中に、アメリカの日常的な音楽との新たな接点を見いだし、多調性音楽やポリリズムや多様なテクスチュアを取り入れて作曲をおこなった草分け的存在である。アイヴズによる4つの交響曲をこの度、ロサンゼルス・フィルハーモニックとその音楽監督グスターボ・ドゥダメルによる画期的な演奏でドイツ・グラモフォンへの録音がおこなわれた。

ドゥダメルはアイヴズについて下記のようにコメントしている。

「アイヴズが最終的に目指していたのは、アメリカで生まれた音楽に独自性をあたえること、個性へと開かれた扉を作りあげることでした。彼の交響曲は世界に対する大きな贈り物です。私は自分たちがこのすばらしい傑作をドイツ・グラモフォンで録音できたことを、大変嬉しく思っています」

現在、先行シングル「アイヴズ:交響曲 第2番 第3楽章」を配信中。



ロサンゼルス・フィルハーモニック/グスターボ・ドゥダメル
ロサンゼルス・マスター・コラール/マルタ・ガルドリンスカ
『アイヴズ:交響曲全集』
2020年8月28日配信
iTunes / Apple Music

<収録内容>
交響曲第1番
I. Allegro con moto
II. Adagio molto. Sostenuto
III. Scherzo. Vivace
IV. Allegro molto

交響曲第2番
I. Andante moderato
II. Allegro
III. Adagio cantabile
IV. Lento maestoso
V. Allegro molto vivace

交響曲第3番(《キャンプの集い》)
I. Old Folks Gatherin’ – Andante maestoso
II. Children’s Day – Allegro moderato
III. Communion – Largo

交響曲第4番
I. Prelude. Maestoso
II. Comedy. Allegretto
III. Fugue. Andante moderato
IV. Finale. Very slowly – Largo maestoso



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss