世界に轟く奇跡の歌声、ソプラニスタ 岡本知高の最新デジタル・シングル『World in union』が9月緊急リリース

Published on

2006年から15年に亘り、フジテレビ系フィギュアスケート中継テーマ曲『ボレロ』の歌唱を担当するソプラニスタ岡本知高の最新デジタル・シングル『World in union』が、2021年9月1日に配信されることが決定した。

ソプラニスタは、男性でありながら女性ソプラノの音域を持つ男性ソプラノ歌手。そんな岡本知高の『World in union(ワールド・イン・ユニオン)』は、ホルストが作曲した『木星』のメロディがモチーフとされ、1991年にオペラ界で最も有名な歌手の一人、キリ・テ・カナワが録音して以来、ラグビーワールドカップのグローバル・アンセムとして知られている。

勝敗に関わらず全ての人を受け入れ、リスペクトし、世界はひとつであるというスポーツマンシップを表現した『World in union』は、スポーツ報道テーマ曲にも度々起用されるなど、全世界中で愛され続ける名曲といえる。

岡本知高は、幼少期に「ペルテス病」という難病にかかり、平日は家族と離れ養護施設で生活。週末の養護施設と自宅間の往復は、合唱サークルで出会ったという音楽好きな両親が片道3時間をかけて車で送迎、その車中で両親とともに歌った童謡、抒情歌、流行歌の数々が岡本知高の音楽の原点だという。

ジャンルを超え、人々の心の機微に寄り添う名曲とともにライフワークの学校公演含めたコンサートで全国を訪れ、感動の輪を広げており、今や日本のみならず海外からも注目されている唯一無二の歌声を持つソプラニスタである。


■アーティスト情報

岡本知高

1976年生まれ。高知県宿毛市出身。ソプラニスタ(男性ソプラノ歌手)。岡本の場合は変声後も強靭なドラマティック・ソプラノの音域が自然に維持され続けている世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。

国立音楽大学を卒業後、フランスのプーランク音楽院を首席で修了。心の深淵に温かく響く唯一無二の歌声は「奇跡の歌声」と称され、個性的なキャラクターとコスチュームも併せてクラシック界にとどまらず各方面からの呼び声も高い。

そのレパートリーは幅広く、宗教曲、オペラ、クロスオーバー、日本の唱歌やポップスと多岐にわたり、2006 年より担当し続けているフジテレビ フィギュアスケート中継テーマ曲「ボレロ」ではまさにその真骨頂を聴くことが出来る。

また、大学時代よりライフワークとして取り組んでいる全国各地の学校訪問コンサートは年間数十公演に及び(※コロナ禍以前)子供達とのふれあい活動にも尽力している。

近年では、上皇上皇后両陛下の御前で演奏した《全国豊かな海づくり大会》への参加や、デーモン閣下との異色の共演《悪魔の森の音楽会》が好評を博しているほか、《世界フィギュアスケート選手権》や《FIA 世界耐久選手権 富士6 時間耐久レース》といったスポーツの国際大会、《読売巨人軍開幕戦》や《日本ダービー》等でも国歌独唱を務めている。株式会社ホリプロ所属。


■リリース情報

2021年9月1日配信
岡本知高 『World in union』


 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version