清塚信也、眠りがコンセプトの新作『眠るためのピアノアルバム~beautiful sleep~』を9月1日リリース

Published on

クラシック・ピアニストにとどまらず、作編曲家、俳優、メディアでの活躍により多彩な才能を発揮している清塚信也が、新作『眠るためのピアノアルバム~beautiful sleep~』を9月1日にリリースすることが決定した。

近年は香港でのCM楽曲を手掛けるなどワールドワイドな展開も行っている清塚信也。4月にはディズニー公式ピアノ・アルバム『BE BRAVE』で大きな話題を呼んだが、それから約半年ぶりとなる新作のリリースとなった。

コンセプトは「眠るためのアルバム」で、クラシックの名曲やカバー曲、そして初録音を含む自身のオリジナル曲を収録。聴く人を安らかな眠りに誘うためのアレンジを施した、極上の癒しアルバムとなっている。

商品は通常盤と限定盤の2形態で、限定盤には2020年12月27日にオーチャードホールにて行われた『47都道府県ツアー2020「名曲宅配便」~ピアノが奏でる特別な時間~』昼公演の映像を収録したDVDが付属する。また、店舗別の購入者特典も本日公開された。

そしてジャケットのイラストは、漫画『コウノドリ』でもおなじみの鈴ノ木ユウによる描きおろし。当時ドラマの音楽を担当した清塚が熱望し、今回の「再会」が実現した。女性と女の子がピアノにもたれ眠りに落ちている一コマを切り取った、作品のコンセプトをより際立たせる印象的なイラストとなっている。


■プロフィール

清塚信也

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

人気ドラマ「のだめカンタービレ」他作品で吹き替え演奏を担当後、2013年には映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビュー。2015年TBS系 金曜ドラマ『コウノドリ』(主演:綾野剛)では、ピアノテーマおよび監修を手掛ける。2019年8月16日には邦人男性クラシック・ピアニストとしては史上初となる日本武道館での単独公演を開催。近年では、TVバラエティ番組やラジオ番組へ出演するなど、マルチピアニストとして活躍。


■リリース情報

2021年9月1日発売
『眠るためのピアノアルバム~beautiful sleep~』


Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version