ベスト・リラックス・クラシック:重要な10作品

Published on

クラシック音楽はストレスを軽減することが科学的に示されている。リラックスできるクラシック音楽の名曲を聴き、心を解きほぐそう。

クラシック音楽を聴くと血圧が下がり、ストレスが軽減されることがわかっている。ルネサンス時代の控えめな音楽をお好きな方も、ロマン派時代の豊かなメロディがお好きなあなたも、下にスクロールして、そこに書かれたリラックスできるクラシック音楽の最高の作品のいくつかを発見してほしい。

Apple MusicやSpotifyで「Relaxing Classical」 を聴きながら下にスクロールして、リラックスできるクラシック音楽の最高のセレクションをご覧いただきたい。

ベスト・リラックス・クラシック:重要な10作品

モーツァルト:クラリネット協奏曲

モーツァルトのクラリネット協奏曲は、彼の作品の中でも最も有名なものの一つであり、リラックスできるクラシック音楽の代表的な作品でもある。1791年10月に友人のクラリネット奏者アントン・シュタードラーが演奏するために書かれた。ゆったりとした第2楽章(「アダージョ」)は、長い1週間の疲れを癒すのに最適だ。

ヴォーン・ウィリアムズ:揚げひばり(舞い上がるひばり)

ヴォーン・ウィリアムズの独奏ヴァイオリンとオーケストラのための傑作《揚げひばり》は、ヒバリの飛翔と歌、ジョージ・メレディスの同名の詩に触発されたもので、次のように始まる。「ヒバリは舞い上がり、周り始める/ヒバリは銀の声の鎖を落とす」。

この曲はとても人気があり、毎年恒例のクラシックFM殿堂入りを果たしている。舞い上がるようなヴァイオリンのメロディを聴けば、その理由がわかることだろう。

ショパン:夜想曲嬰ハ短調(遺作)

ショパンの夜想曲は、ロマン派音楽の時代に生まれた真の宝石だ。これらのピアノ小品は、安らぎと静けさを感じさせる、大人のための最も洗練された子守歌である。ここでは、その中で最も有名な夜想曲の一つをご紹介する。この上ない至福だ。

ドビュッシー:月の光

ドビュッシーはしばしば「印象派」と呼ばれる作曲家だが、彼はそのようなレッテルを貼られることをあまり好まなかったようだ。しかし、この作品はドビュッシーが音楽で絵を描くことにかけていかに優れていたかを示している。

《月の光》では、ドビュッシーはシンプルなピアニズムを駆使して、月夜の静寂を音楽的に描き出している。この曲は彼の作品の中で最も愛されており、リラックス・クラシックの最高傑作の一つであることも不思議ではない。

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調《皇帝》

ベートーヴェンは全部で5つのピアノ協奏曲を書き、そのどれもが傑作であった。しかし、第5番の《皇帝》は、間違いなく作曲家史上最高と誇れるメロディが書かれている。

座り心地の良い席を見つけて、温かい飲み物(またはグラス一杯の美味しい何か)を注いで、第2楽章のオープニング(「アダージョ・ウン・ポコ・モッソ」)に耳を傾けてみてはいかがだろう。バーンスタインがこの曲を《ウェスト・サイド・ストーリー》の一曲(「どこかに Somewhere」)に引用したのは不思議ではない。

マックス・リヒター:スリープ

あなたが眠るのに最適な音楽を探しているのなら、作曲家のマックス・リヒターがその要望に応えてくれる。2015年、彼は8時間に及ぶアルバム『スリープ(Sleep)』をリリースした。

リヒターは、睡眠に関する神経科学を用いて、人々の自然な睡眠パターンを補うために特別にデザインされたアルバムを制作している。作曲家自身が「8時間の子守歌」と表現したこのアルバムは、実際にあなたの快適な眠りをサポートしてくれることだろう…

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:おお、叡智の力よ

ビンゲンのヒルデガルト(実際は聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲン)は、1098年から1179年まで生き、作曲家であるだけでなく、修道院長や詩人でもあった。彼女の音楽は当時の音楽的な発展の限界を推し進め、その美しさは時代を超えて多くの人々を魅了し続けている。

この「おお、叡智の力よ(O Virtus Sapientiae)」は、神の聖なる叡智を讃える賛美歌。ラテン語による歌詞の冒頭、英語では「O Strength of Wisdom」と訳されている。

レベッカ・デール:レクイエム

2018年にデッカと契約した初の女性作曲家となったレベッカ・デール。本作はデッカ・レーベルでの彼女の初録音作品である。デールの《レクイエム》は、2010年に亡くなった母親の思い出に捧げられた、現代の素晴らしいクラシック音楽だ。彼女は次のように語っている。

「レクイエムは私にとってとても個人的な作品で、子供の頃に書いたメロディを使っている。私の人生のほとんどの時間をかけて作ったものと言っても過言ではない!」。

クララ・シューマン:ピアノ協奏曲イ短調

クララ・シューマンは、生前、時代を代表するコンサートピアニストとして、夫のロベルトをはるかにしのぐ名声を得ていた。演奏活動だけでなく、作曲も行っており、近年では彼女の作品が注目され始めている。

1835年にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と当時の指揮者(であり作曲家であった)フェリックス・メンデルスゾーンとクララの共演で初演されたこの曲は、彼女の完成した唯一のピアノ協奏曲である。

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏

ラフマニノフのピアノ曲のいくつかがいつの時代も最もよく知られているのには理由がある。この《パガニーニの主題による狂詩曲》はそれをよく示す作品だ。この曲はパガニーニの《無伴奏ヴァイオリンのための奇想曲》の第24番を主題とする、ピアノとオーケストラのための記念碑的な作品だ。

ラフマニノフ特有の涙を誘うようなメロディと豊かなハーモニーが詰め込まれており、この曲でセルゲイ(・ラフマニノフ)があなたを穏やかな場所へと連れて行ってくれることだろう。

Written By uDiscover Team



Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version