ベートーヴェンの聴くべき作品ベスト10:生誕250周年の楽聖が生み出した名曲選

Published on

伝説の作曲家が残した交響曲、協奏曲、オペラ、弦楽四重奏曲、ピアノ・ソナタ10選

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年12月17日~1827年3月26日)は時代を超えて最も影響力のある、重要な作曲家の1人であり、クラシック音楽が古典派からロマン派へと移行する時期における卓越した存在であった。

耐え難い肉体的、精神的苦痛の中で(40歳で完全に聴力を失っている)作曲された彼の音楽は、残酷なまでの現実に相対した人間の精神力を示す一つの証となっている。その伝説的作曲家、ベートーヴェンによる最高傑作10作品、交響曲、協奏曲、オペラ、弦楽四重奏曲、ピアノ・ソナタをぜひご体験いただきたい。

Symphony No.3 In E Flat, Op.55 – Eroica
交響曲 3 変ホ長調 作品55《エロイカ》

1804年に完成した交響曲第3番は、音楽の世界に変革をもたらし、ベートーヴェンの作品を定義づけた、と言える。

豊かな構想のみならず感情をも内包し、それまで考えられなかったような幅広い曲想を持つ交響曲第3番は画期的、かつ交響曲を新たな次元へと導いた作品だ。ここではモーツァルトにみられる精密な簡明さと古典的な調和は過去のものとなっている。これは、初めナポレオンに献呈されたが、彼が皇帝の座に就いたことを聞いたベートーヴェンが怒りのうちに献呈を撤回した。

この作品を通してベートーヴェンはソナタ形式の可能性を追求し、主題を展開させただけでなく、自らの自由を謳歌している。中でも最終楽章はまるで巧妙に作られた主題のジグソー(*パズルの完成画)のようであるが、この作品全体を聴き終えた時、人は山の頂に到達し、新大陸を目の当たりにしたような感覚を味わうだろう。

Symphony No. 9 – ‘Choral’
交響曲 第9番《合唱》

ベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調作品125は「合唱交響曲」の名でも親しまれており、ベートーヴェンの最高傑作の1つであるだけでなく、古今の交響曲の中で最も偉大な交響曲の1つである。「合唱交響曲」の名前は、最終楽章で4人の独唱者と合唱団がシラーの詩『歓喜に寄す(喜びの歌)』を歌詞に歌うところに由来している。

ベートーヴェンは古典的交響曲の構成をとりながら、その形式を最大限に生かし、「人類は1つであり、宇宙における我らが世界、といった自らの高遠な哲学的主題を表現している。一見、慣習的な交響曲の形式である4楽章形式に則っているようであるが、合唱を伴う壮大な第4楽章は決して慣習的なものではない。

第九は、ベートーヴェンに続く多くの作曲家のインスピレーションの源となり、19世紀ロマン派音楽のキーストーンなのである。

Piano Sonata No.30 In E, Op.109
ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 作品109

ベートーヴェンはピアノ・ソナタを32曲作曲している。最後の3曲は3部作となっており、その最初のソナタが、第30番ホ長調である。

これは彼の作品の中でも最も愛らしい作品の1つであり、他の作品に比べて少々短くなっている。しかし、このソナタのクリスタルのような表面の内側には深遠な神秘、そして複雑な形式と和声が隠れている。まるで優しい雨音のような響きで始まる第1楽章と続く第2楽章はいずれも短く、最終楽章のコラール風の主題(と変奏)のプレリュードとみることもでき、バッハからショパンに至るまでを俯瞰することができる。

ここでは歓喜の絶頂に身をゆだねるかと思いきや、幸せな帰郷を果たしたかのような穏やかな状態の主題へと帰結する。これは20分の間、途切れることのなく、最高の音楽の喜びを体験できるベートーヴェンの傑作である。

String Quartet No.14 In C Sharp Minor, Op.131
弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 作品131

音楽作品の中でも弦楽四重奏は最も私的なもので、4人の奏者があたかもその場で音楽を紡ぎだしていくような相互作用をみせる。まさに核の部分にまでそぎ落とされた音楽だ。ベートーヴェンが最晩年に完成させた弦楽四重奏曲は究極の様式をとっており、到底、気軽に聞けるものではなく、驚くほどの厳しささえ感じさせる。それは神との対話のようでもある。まさに作曲家自身のお気に入りであり、シューベルトが臨終の床で聞きたいと願った音楽なのだ。

ベートーヴェンがこの音楽を書き上げるのに一生かかっただけに、最初の一聴だけで理解できるとは思わず、ぜひ繰り返し聴いていただきたい。そうすれば、おのずとその音楽的論法と嘘のない姿が浮き上がってくるだろう。続けて演奏される7つの楽章からなり、音楽がほとんど静止に近い状態になったかと思えば、バッハが甦ったかのような響きが聞こえてくることも。雰囲気も高揚したり、浮遊したり……捉えどころはないが、得心がいく音楽だ。

Piano Concerto No.5 In E Flat Major
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調

《皇帝》協奏曲という呼び名は、ベートーヴェン自身によって付けられたものではないが、威厳にあふれ、壮大で、(強烈な和声と主題を覆い隠す)圧倒されるような長調ならではの響きとソリストの素晴らしい見せ場がふんだんに織り込まれた協奏曲である。

(*全管弦楽器による)3つの和音と(*それぞれの和音に)華やかに続くピアノの小さなカデンツァに始まり、最後は高揚感と躍動感あふれるロンドで軽やか、かつ喜びのうちに終結する。さらにこの2つの楽章に挟まれた緩楽章は、人の心をとらえて離さない音楽の1つとなっており、ピアノがラプソディー風の音楽を奏でながら夢のように寄り添う様は、穏やかで澄みきった讃美歌のようでもある。この協奏曲は深遠であるが、幸いにもそれは苦悩によるものではなく、力強さに満ちた作品となっている。

ベートーヴェンを知るための分かりやすく、素晴らしい序章であり、ベートーヴェンの最高傑作の1つだ。

Symphony No.7 In A, Op.92
交響曲 第7番 イ長調 作品92

輝く太陽のような作品である。1813年ハナウの戦いで負傷した兵士のための演奏会が初演であったことから人々は戦争という悪夢の終わりを祝う響きをそこに聞き、幸先の良いスタートを切った。全編を通して勢いがあり、緩楽章はない。さらに遊び心と荘厳な趣が半々のアレグレットは、見事に個々のメロディーとリズムをつなぎ、それまで通例とされてきた様式をとりながらも全体としては深い音楽となっている。

こうして弾むように最終楽章へと入るが、この第4楽章は激しさを加速させる強烈な楽章となっている。ワーグナーはこの交響曲を「舞踊の賛美(神格化*これは大きく分けて2種類に訳されており、➀賛歌、賛美②神格化、聖化の2種類がある)」と呼んでいた。安らかに奏される木管楽器による間奏の中で主題が溶け合っていく様は素晴らしくゴージャスだ。

Fidelio, Op.72
歌劇《フィデリオ》作品72

ベートーヴェンは、ことオペラに関しては自然体ではいられなかった。ドラマに描かれる汚い世界や人間の関心の影の部分を扱うには意識や理想が高すぎたのだ。ただし、ベートーヴェンがこの分野で唯一努力を実らせた《フィデリオ》には、驚くほど輝く音楽が創作され、寄せ集めの感をぬぐえない瞬間をも補うものとなっている。もちろんオペラならではのゾクゾクするようなシーン、例えばトスカが好色な恐喝者を刺殺したり、カルメンが殺意を持った元恋人をかわしたりするような見せ場もある。

フィデリオが自分の正体は女性であると明かし、英雄的に夫を救い出すべく、邪悪な敵に銃を向けるシーンは他のオペラに負けない破壊力を持っている。中でも第1幕の「囚人たちの合唱」は一度聞いたら忘れられない。

フィデリオ/レオノーレは夫を探すために、牢番のロッコに囚人たちに新鮮な空気と太陽の光を浴びさせるべきだと説得し、囚人たちが牢から出て歌う「O Welche Lust(嬉しや、自由の空気が)」だ。これはまさに音楽による恍惚の表現であり、厳しい拘束からのひとときの解放だけに、とても力強いものとなっている。

Coriolan Overture, Op.62
序曲《コリオラン》作品62

序曲《コリオラン》は、際立って熱情的で、暗く、濃厚な作品だ。尖った弦の和音が絶え間ない低音部の4分音符音型に推し進められて始まる音楽は、古代ローマの英雄、コリオラヌスを描いたハインリヒ・ヨーゼフ・フォン・コリンの戯曲をもとに作曲された。

コリオラヌスが一度はローマ侵攻を決意しながら、母親に説得されて思いとどまる物語(彼は結局自ら命を絶つ*原作では暗殺される)をベースとしており、ある意味、標題音楽的な性格を持っている。しかしこれはベートーヴェンが純粋にそれぞれの要素と格闘して書き上げたものであり、物語を全く知らなくても聴くことができ、聴くに値する作品だ。序曲《コリオラン》は音楽史上特筆すべき演奏会で初演(*非公開)を迎えており、この演奏会では交響曲第4番とピアノ協奏曲第4番も初めて演奏されている。

Violin Concerto In D, Op.61
ヴァイオリン協奏曲 長調 作品61

創作意欲が非常に充実した時期に、通常の倍の速さで作曲されたのが、このヴァイオリン協奏曲ニ長調だ。ベートーヴェンの作品の中でも一貫して叙情的であり、穏やかな音楽表現に満ちている。

尚、ベートーヴェンの激しい一面は同時期の序曲《コリオラン》のような作品にいかんなく発揮されている。この協奏曲の初演は失敗に終わったが(ヨーゼフ・ヨアヒムが1844年に再発見するまで再演されることはなかった)(*作品が批判を浴びるような失敗だったのではなく、他に注目が集まり、作品自身が注目されることがなかった)、今ではベートーヴェンの作品の中だけでなく、全てのヴァイオリン協奏曲の中で最も有名な作品の1つであり、彼の最高傑作の1つとなっている。

美しい旋律が40分間にわたって次々と流れるように奏でられ、オーケストラによる典型的な和声と強弱による見せ場は、表面的に際立つことはない。第2楽章はベートーヴェンの創作作品の中で最も透明感のある澄んだ音楽だ。

Violin Sonata No.9, Op.47 – Kreutzer Sonata
ヴァイオリン・ソナタ 第9番 作品47《クロイツェル・ソナタ》

ベートーヴェンの作曲活動が《エロイカ》に始まったわけではないが、たとえ彼が1803年(*エロイカの完成年)に亡くなっていたとしても彼が偉大であることに変わりはない。

このソナタは交響曲第3番の数ヵ月前に作曲されており、同時期に作曲された他の作品同様、作曲家の飽くなき模索の姿勢を見ることができる。第1楽章では悲痛な短調の主題と讃美歌を思わせる間奏曲のせめぎあい、第2楽章は明るく、穏やかな主題と変奏が繰り広げられ、最終楽章は陽気なタランテラになっている。

演奏時間はそれまでのソナタの約2倍となっており、音楽的にも、感情表現的にもすばらしい深みのある展開を聴かせてくれる。何よりも演奏者にとっては大変な難曲である。

Written By uDiscover Team



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version