(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

シュープリームスがイギリス王室のために行ったパフォーマンス

Published on

1968年11月19日、特別な会合の予定のために彼らが大西洋を渡ったとき、シュープリームスは誰もが認めるモータウンのクイーン、そして世界中のスーパースターだった。ダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、そしてシンディ・バードソングの3人はロンドンのロイヤル・バラエティ・パフォーマンスにて、イギリス王室の出席者の前でパフォーマンスを行った。

Royal Variety Performance

しばらくの間、この3人組はこういった高貴な人の集まりの前で活動していた。その年の2月、イギリスの貴族のベッドフォード公爵とアンナ・マリア夫人はシュープリームスに栄誉を授けるためにロンドン、チェルシーのClub Dell’Aretusaにてパーティーを開催。トム・ジョーンズやミック・ジャガー、マリアンヌ・フェイスフル、マイケル・ケイン、リン・レッドグレイヴらが参加していた。

その時、シュープリームスは、イギリスではトップ10シングルが一年以上もなかった時だった。そして「Some Things You Never Get Used To(邦題: 愛の終着駅)」はその夏のUKシングルチャートトップ30にも入らなかった。しかしイギリス王室の予定は、それにもかかわらず記念すべき出来事となった。メアリー・ウィルソンは彼女の自叙伝『Dreamgirl』でこのように綴っている。「この旅の本当のハイライトは、ロンドン・パラディウムにてマーガレット王女、スノードン伯爵、エリザベス皇太后、プリンセス・アン、チャールズ皇太子の面前で行ったロイヤル・コマンド・パフォーマンスだったわ」

当時の社会的傾向とアメリカに存在していた人種間の緊張の高まりを反映して、シュープリームスの曲の間に、ダイアナ・ロスが人種に対しての寛容を呼びかけるMCを行った際、彼女は会場から熱烈な拍手喝采を受けた。「私たちには居場所があります。黒人、白人、ユダヤ人、非ユダヤ人、カトリック信者、プロテスタント。私たち全員の居場所です」とダイアナは言った。「マーティン・ルーサー・キングと彼の考えている世界もそうでした。このことを心にしっかりと刻んでおけば、私たちは彼が望んでいたことを遂行することができるんです」

メアリー・ウィルソンはイギリス王室の人々と会った時の事も思い出して自叙伝にこう綴っている。「マーガレット王女が私の方に歩み寄り、そして手を差し伸べてきました。それから、誰にも聞こえないほど小さく上品な高い声でこう囁いたのです。”メアリー、かぶっているのはカツラなのですか?” と。私は笑いをこらえるのに必死でした」

Written by Paul Sexton



uDiscoverのダイアナ・ロス&シュープリームス・ベスト・オブ・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss