パンクとゴッドファーザー: チャック・ベリーがラモーンズやセックス・ピストルズについて語る

4月 4, 2017


パンクとゴッドファーザー: チャック・ベリーがラモーンズやセックス・ピストルズについて語る

チャック・ベリーによる、非常に面白いインタビューが1980年代に発行されていたパンクとニュー・ウェイヴを中心としたファン雑誌 Jet Lag に掲載されていた。 ニュー・ウェイヴの全盛期、その雑誌でチャックはザ・クラッシュやワイヤーといった重要なアーティストの作品に関して、彼自身の意見を述べている、その一方でセックス・ピストルズやジョイ・ディヴィジョンに関してはそうではなかったが、トーキング・ヘッズやラモーンズなどに関してかなりの時間を割いて答えている。

Psycho Killer全世代のティーンの代表者であったこの雑誌によると、このロックン・ロールの開拓者はJet Lagによって、最新の作品をたくさん聴かされ、その後いくつかの重要な作品に関して、彼の意見を求められたそうだ。 チャック・ベリーは、若いアーティストによる最新リリースと自分もしくは他の人の由緒ある作品を比較してみせたりした。

例えば、ピストルズによるパンクの重要作品「God Save The Queen」を聴いたチャック・ベリーは、このように尋ねたそうだ。「こいつ(ジョニー・ロットンことジョン・ライドン)はいったい何にそんなに怒ってるんだ?ギターとその進行は俺のに似てるな。いいバックビートだね。でも、ヴォーカルがほとんど理解できないよ。何かについて激しく怒りを覚えているならば、少なくとも、何について自分が起こっているのかを他の人たちに伝えないと」

ワイヤーの「I Am the Fly」とジョイ・ディヴィジョンの『Unknown Pleasures』 に関して、チャックは「これこそ、いわゆる新しい作品だよ。過去に聴いたことがないものだ。まるでB.B.キングやマディ・ウォーターズがシカゴの野外劇場のバックステージでやっていたブルース・ジャムのようだよ。楽器は全く違うが、実験的な試みという意味でおなじだろう」と語った。

ザ・クラッシュの『Complete Control』に関しては、彼はセックス・ピストルズに話をもどしつつ、このように語った。「初めに聴いたやつに似てるな。リズムとコーディングはとてもよい。このヴォーカルは歌う時に、喉を痛めてたのかい?」

Ramones Sheenaラモーンズの「Sheena is a Punk Rocker(邦題:シーナはパンク・ロッカー)」に対しては、「素晴らしい曲だね。こいつらは俺に自分が音楽を始めたころを思い出させるよ、たった3つのコードしか知らなかったころをね」と語った。そして トーキング・ヘッズの「Psycho Killer」に関して最も熱狂したようで、「ファンキーな曲だ、間違いない。ベース(ティナ・ウェイマスによる)がすごくいいね。素晴らしいミクスチャーと最高のフローだ。このシンガー(デヴィッド・バーン)はまるで舞台恐怖症を患ってるかのように聴こえるよ」と語った。


btn_storedownload_jtunesspotify_logo


UICO-1293

★2017.6.9 発売!
『チャック~ロックンロールよ、永遠に。』

btn_storedownload_jtunes
※先行シングル「ビッグ・ボーイズ」配信中!

★2017.6.7&7.9 発売!
『チャック・ベリー追悼 紙ジャケット/SHM-CDコレクション』

2017年3月18日、惜しくも90歳でこの世を去ったロックン・ロールの創始者、チャック・ベリー。
後のロックアーティストに多大な影響を与えた彼の偉業を称え、チェス・レコード時代の16タイトル再リリース&マーキュリーから発表した5作品を初紙ジャケット化!

btn_store

Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です