マーヴィン・ゲイとタミー・テレルの見事なデュエット「Your Precious Love」

Published on

1967年3月にまたも素晴らしいモータウンのデュエットが生まれた。それはマーヴィン・ゲイとタミー・テレルによる夢のようなペアリングで、彼らが初のチャート入りを果たした「Ain’t No Mountain High Enough」からまだ2か月足らずのことだった。彼らは3月23日「Your Precious Love」でまたも記憶に残る見事なコラボレーションを披露したのだ。

曲は「Ain’t No Mountain High Enough」と同様に、上昇中だったニック・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンのチームにより書き下ろされ、プロデューサーにはモータウンのもう1組の絶妙なコンビ、ハーヴィー・フークワとジョニー・ブリストルを起用。楽曲自体は2月13日にレコーディングされ、その4日後にストリングスが録音された。

『The Complete Motown Singles』のVol.7でジョニー・ブリストルが回想するように、当時プロデューサーたちはマーヴィン・ゲイとタミー・テレルと一緒にバッキング・ヴォーカルを務め、自身を‘リフ・ブラザーズ・プラス・ワン’と呼んでいた。その同じVol.7でニック・アシュフォードは、このキャッチーでミッド・テンポの曲がいかに書きやすかったかについて語っている。

「この曲もあっという間に思いついたんだ。マーヴィンはロマンスを盛り立てて、歌詞に込められた意味を声で表現できる独特なスキルを持っていた。そしてタミーはそれに花を添えた。彼らのヴォーカルの融合は素晴らしかった。だからみんなが惹かれたんだと思う、二人の存在をレコードから聴き取ることができたから」。

「Your Precious Love」はその年の8月にリリースされ、全米ポップ・チャートで5位まで上昇。R&Bチャートでは5週間2位を記録した。のちにこの曲は1996年の映画『ハイスクール・ハイ』のサウンドトラックでディアンジェロとエリカ・バドゥがリメイクしたことによって次の世代へも伝わっている。

Written by Paul Sexton



マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル『United』

  



マーヴィン・ゲイ『What’s Going On Live』
発売中
CD iTunes


Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version