(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

スティングの最高のアルバム?

Published on

一般に、スティングの長いキャリアにあってもとりわけ完成度の高い1枚と見做されているその4作目のソロ・アルバム『Ten Summoner’s Tales』(1993年)には、バラエティに富んだ楽曲が並んでおり、実際、欠点はほとんど見当たらない。約20年前にリリースされたこのアルバムには、かつて在籍したザ・ポリスという偉大なグループの呪縛から逃れ、親しみやすいサウンドを我がものにしたスティングがいる。スティングことゴードン・マシュー・トーマス・サムナーは、それまでの大半のソロ作の基調になっていた”ラウンジ・バー・ジャズ”を土台にしつつ、優れて知的なポップ・アルバムを完成させたのである。『Ten Summoner’s Tale』は、スティングとザ・ポリスのファンとの繋がりをより一層強める役割を果たした1枚であり、また歳月を経るほどに魅力を増してきた作品でもある。

アルバムの中核を成しているのが故エヴァ・キャシディもカヴァーした美しいバラード「Fields Of Gold」であることに異論はないだろう。スティングの作品の中でもとりわけ人気の高いこの曲は、イギリスのシングル・チャートでは最高位16位を記録するに留まったが、このシングルを収録したアルバム『Ten Summoner’s Tales』は英米それぞれで2位まで上昇。スティングはこのアルバムで、グラミー賞を獲得し、マーキュリー賞にもノミネートされた。

彼が『Ten Summoner’s Tales』を生み出すきっかけになったのは、家族と共に移り住んだイングランド南部のウィルトシャーである。今ではすっかり有名になったあの草原を含む、自然溢れる場所が彼の詩作のインスピレーションの源となったのだった。レコーディングが行われたのも、同地にスティングが所有するレイク・ハウスと呼ばれるエリザベス朝のカントリー・ハウスだった。過去公開されているインタビュー映像で、彼はツアーで家を空けることの多いミュージシャンにとっての”家”の重要性、レイク・ハウスが自身の最高傑作とも言われる『Ten Summoner’s Tales』に与えた影響などを、きわめて率直に語っている。


 

UICA-9036

 

■  来日記念盤アルバム『ニューヨーク9番街57丁目(ジャパン・ツアー・エディション)』

btn_store

 

  • 「紙ジャケット/SHM-CDコレクション」 詳細はこちら
  • デジタルアルバム キャンペーン実施中!詳細はこちら

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss