(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

約8年ぶりのツアーで大ヒットとなったザ・ローリング・ストーンズの「Mixed Emotions」と『Steel Wheels』

Published on

商業的かつ、クリエイティヴな形でリヴァイヴァルを果たした1980年代を締めくくりながら、ミック・ジャガーはザ・ローリング・ストーンズのアルバム『Steel Wheels』からのシングルの冒頭の一節“Button your lip, baby, button your coat”を3年以上歌っていた。そのシングル曲とは「Mixed Emotions」、1989年9月2日にイギリスでチャート入りした曲で、ザ・ローリング・ストーンズが文字通りツアー・マシーンとして活躍することになる前兆となった北米ツアーに、バンドが出発したまさにその週だった。

Stones 1989

また、「Mixed Emotions」はミック・ジャガーとキース・リチャーズの曲作りの関係が再開したことを示していた。彼らは1989年の夏にレコードストアの店頭に並んだアルバム『Steel Wheels』のセッション中に、バルバドス島で「Mixed Emotions」の曲作りを行い、モントセラト島でレコーディングを行った。アルバムのリリース直後から、8年ぶりのバンドの北米ツアーが始まった。8月31日にフィラデルフィアのベテランズ・スタジアムで初日を迎えてから「Mixed Emotions」はセットリストに組み込まれた。

『Steel Wheels』からのシングル3枚のうち、最初の1枚目となったその「Mixed Emotions」は批評家からもファンからも好評を得て、ある意味では、彼らの後期ヴァージョンのクラシック・ロックの化身の基本形を決めることになった。曲は全米シングル・チャートの5位に到達、少なくともメインストリーム・ロック・トラック・チャートで5週間の首位を守り抜いた。

シングル曲のイギリスでのチャートの反応は、ピークが36位とより控えめだった。しかしそれでもなお、大規模で、大陸にまたがり大成功と記憶されるツアーをザ・ローリング・ストーンズが始めると、「Mixed Emotions」は『Steel Wheels』のセールスにとって強力なフックとなり、世界で500万枚を超える大ヒット作となった。

Written by Paul Sexton

 


ザ・ローリング・ストーンズ / スティール・ホイールズ[紙ジャケット仕様]【初回限定盤】【CD】【SHM-CD】

ザ・ローリング・ストーンズ『Steel Wheels』

 btn_storedownload_jtunesapplemusic_linkspotify_logo


ザ・ローリング・ストーンズ 最新ベスト盤『Honk』
発売中
2CD / 3CDデラックス / 3LP / 4LP(カラー)



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss