(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

コステロやキースも敬愛するジョージ・ジョーンズ:カントリーの歴史の中で最も偉大な歌手の一人

Published on

“ポッサム”というあだ名で呼ばれたカントリーの伝説的歌手は、1931年9月12日にテキサス州サラトガで生まれた。彼をカントリーの歴史の中で最も偉大な歌手として考える人はたくさんいる。言うまでもなく、これはジョージ・ジョーンズの話だ。

00574.jpg

ジョーンズは1955年に初めてのヒット曲「Why Baby Why」を出して以来、50年近くに亘ってカントリー・シーンでとてつもない存在感を示してきた。今のところ、最後にヒットしたのは2002年の「50,000 Names」それまでにジョーンズはナンバー・ワン・シングルを13枚出してきた。その中には、「She Thinks I Still Care」「We’re Gonna Hold On」「Near You」(妻のタミー・ワイネットとのデュエット)、「He Stopped Loving Her Today」といった不朽の名曲が並んでいる。

その多く(特に、彼がカントリー界の人気者になってからの作品)は、本人が抱える薬物中毒、タミーとの夫婦関係の悪化などの問題が世間に広まったおかげで、さらに実感を持って受けとめられることになった。

Photo of George Jones

ジョーンズは、忠実なるファンだけでなく、カントリー界の他のミュージシャンにも深い影響を及ぼしてきた。「ジョージ・ジョーンズは今もお気に入りの歌手だ」とウェイロン・ジェニングスは1971年に語っている。「彼は史上最高の歌手だと思う。ジョージ・ジョーンズよりも上手に歌える人間なんて、ひとりもいないんじゃないか」。

ジョージ・ジョーンズが存在感を放っているのは、カントリー界の中だけではない。ボブ・ディランキース・リチャーズエルヴィス・コステロ、リンダ・ロンシュタットといったロックの大物ミュージシャンも彼を讃えている。このうちリンダは、1974年にこう語っている。「お気に入りの歌手はジョージ・ジョーンズ。あの人は本当にいい。レイ・チャールズと同じくらい素晴らしい」。

keith-richards-george-jones

またエルヴィス・コステロはジョーンズと一緒にレコーディングをしている。それはキース・リチャーズも同じ。彼はやはりジョーンズの大ファンだった故グラム・パーソンズと付き合ううちに、ファンになった。ジョーンズとデュエットした「Say It’s Not You」について、キースは自伝の中でこう書いている。「ジョージは素晴らしい共演相手だった。なにより、あんな髪型をしていたのだから。とてつもない歌手だ」。

Written By Paul Sexton



♪ プレイリスト『All Time Greatest Country Hits

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss