(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

エルトン・ジョン初のスタジオ・アルバム『Empty Sky(邦題:エルトン・ジョンの肖像)』

Published on

エルトン・ジョンの初のスタジオ・アルバムは、彼のアルバムで唯一、全英アルバム・チャートに入らなかった作品だ。しかし、彼のストーリーにとって非常に大事な部分であり、今日まで、ある意味で未探求のままになっていたアルバムである。だからこそ我々は、1969年6月6日に発表された『Empty Sky(邦題;エルトン・ジョンの肖像)』を再発見することにした。

当時22歳のエルトン・ジョンは、商業的ブレイクを果たす前で、まだセッション・ピアニストとして活動しており、彼自身のヒット曲、もしくはカヴァー曲のヒットを待ち望んでいた。だが少なくとも彼は、DJMと契約を結び、プロデューサーとDJMのレーベル・スタッフのスティーヴ・ブラウンと共に、初めて曲(作詞のパートナーであるバーニー・トーピンと1968年の冬に書いた)のレコーディングに取りかかっていた。

taupin-john

このアルバムは、エルトン・ジョンが初期に毎回組んでいたカレブ・クェイのパーカッションで始まり、後に有名になったピアノに続く。ロジャー・ポープのドラムが激しくロックな曲を支え、曲は次第に、ドン・フェイのフルートやエルトン・ジョンのオルガンによって、より穏やかなサウンドに変化していく。

Empty Sky lyrics

オリジナル盤に収録された9曲(1990年代半ばの再発盤には、オリジナルと同時期の4曲が追加された)の中には、エルトン・ジョンの名曲は多く含まれていないかもしれない。しかし、彼が1970年のセルフ・タイトル・セカンド・アルバムでブレイクする要因となった魅力的なメロディと想像力豊かなアレンジ、文学的な優れた歌詞の融合は、このアルバムで明らかに提示されている。

『Empty Sky』の中のベスト曲と多くの人達に考えられており、エルトン・ジョンがキャリア初期の10年で沢山プレイし、現在もコンサートでしばしば披露される曲が、感動的な「Skyline Pigeon」である。エルトン・ジョンはこの曲について、作曲中に、彼とバーニー・トーピンが初めて、彼らの作曲のパートナーシップにおいて、非常に重要な何かが育ちつつあるのを実感したと語っている。この曲は、ロジャー・クックとDJMのアーティスト、ガイ・ダレルがカヴァーした。

elton1968

他には、エルトン・ジョンがハープシコードを演奏した「Val-Hala」や、彼がしばしば回帰するカントリー・ロック・サウンドが感じられる「Western Ford Gateway」、フルートを入れたフォーク風のサウンドで、主にバーニーが歌詞を書いた「Hymn 2000(邦題:2000年の賛美歌)」などが収録されている。

内省的で美しい「Lady What’s Tomorrow(邦題:恋人よ、明日って何)」がエルトン・ジョンがピアノで歌う曲であるのに対し、「Sails(邦題:帆船)」は荒々しいロック風の曲だ。「The Scaffold(邦題:絞首台)」はバーニー・トーピンの歌詞が最高に詩的な静かな曲で、アルバム最後の曲は7分の大作で、「Gulliver」とジャジーな「Hay Chewed」(大声で言ってみると、ザ・ビートルズの1968年の大ヒット曲を参照しているのが分かる)と、それまでのアルバム収録曲の全ての反復のミックスになっている。

「『Empty Sky』の制作は、最高に素晴らしい思い出となっている。ファースト・アルバムだったからだろうね」と、エルトン・ジョンは後に語った。

「僕達は朝の4時頃にレコーディング・スタジオを出て、オックスフォード通りにある救世軍の本部ビルに寝泊まりしていた。スティーヴ・ブラウンの父親がそのビルを運営していて、上の階に住んでいたんだよ」。


エルトン・ジョン『Empty Sky』


『ユア・ソング~エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー』

♪ プレイリスト『Elton John Best Of


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss