(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

マディ・ウォーターズ不滅のシングル「Tiger In Your Tank」

Published on

第二次世界大戦が終わってわずか2年後、マディ・ウォーターズは彼のプロとしてのファースト・シングルをリリースした、1948年に「(I Feel Like) Goin’ Home」で全米チャート・デビューを果たす少し前のことだ。1950年代は、より多くのR&Bヒットが生まれ、1958年には初のUKツアーが行われた。しかしその一方では、この偉大なブルースマンは自分のシングルがチャートには及ばないということを理解し始めていた、たとえ彼の作品が無数の逸品であり、今では最高傑作としてブルーソロジストたちに崇拝されているものであったとしても。

muddy waters tiger in your tank

これらどのシングルもマディー・ウォーターズのアルバムには収録されていない、それは、シンプルかつ異例の理由ではあるが、彼が1960年までアルバムを制作する機会に恵まれなかったことにある(『The Best of 』がリリースされた2年後のことである)。1960年当時、彼は、ビッグ・ビル・ブルーンジーを追悼して、『Muddy Waters Sings Big Bill』を制作した。すでに、マディ・ウォーターズは46歳であった。

1960年6月、彼は次のチェスからのシングルの両面を録音した、そして両曲とも逸品であった。肉欲的な「Tiger In Your Tank」は1959年のエッソのガソリンの人気のあった広告キャンペーンからインスピレーションを受けたウィリー・ディクソン作曲の楽曲だ。まさにその翌月に行われたニューポート・ジャズ・フェスティバルでも、マディ・ウォータズは、適切に精力的ににみだらに演奏した。


Esso Tiger

このショウは『Muddy Waters At Newport 1960』という画期的なアルバムととして不滅のものとなり、その年の年末にリリースされた。2011年にこのLPが再発された際には、シングルのB面である、スロー・ブルース「Meanest Woman」のニューポートでのライヴ・パフォーマンスも収録された。しかし、たとえ、シングルがR&Bチャート入りを逃そうと、このアルバムはマディ・ウォーターズに新しく、若いオーディエンスを連れてくることになった。

Muddy+Waters+At+Newport+1960


 
Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss